旭化成・吉野彰氏が2千枚購入した「ノーベルチョコ」ってなに?商品の詳細について

リチウムイオン二次電池を開発した、旭化成・吉野彰氏のノーベル賞受賞式が10日に行われました。

ノーベル化学賞を受賞した吉野氏は「あっという間。意外と早かった」と感想を述べていました。

授賞式の裏で、ノーベル賞受賞者がこぞって購入する「チョコレート」が有名となっています。

吉野氏はこのチョコレートを2千枚購入して日本へ帰国する予定だそうです。

一般人も購入できる人気のチョコレートとはどの様な商品なのか、調べていきます。

ノーベル賞授賞式で人気の「ノーベルチョコ」とは

【名前】ノーベルチョコ

【味】ミルクチョコレート

【値段】174円(15SEK)/枚

ノーベル賞授賞式は、スウェーデンのストックホルムで行われます。

1枚当たり約170円となっており、安価でお土産にも人気の商品となっています。

味はミルクチョコレート味で、特別珍しいものでもないようです。

金色の部分は包み紙となっているので、食べることはできないです。

10枚1セットのお土産用もあるみたいなので、ぜひ購入してみてはいかがでしょう。

どこで買える?

ノーベル賞受賞者に送られるメダルをかたどったチョコレートは、ストックホルムの「ノーベル博物館」でしか購入できません。

ノーベル賞授賞式の日以外でも購入可能で、スウェーデンで観光の予定があるときには購入しておきたいお土産です。

【場所】ノーベル博物館

【住所】Stortorget 2, 103 16 Stockholm, スウェーデン

「ノーベル博物館」の館内レストランでは、椅子の裏に受賞者のサインが記入されています。

お土産目的以外に、観光の目的で訪れても良いかもしれません。

ips細胞でノーベル賞を受賞した山中教授のサインもあるみたいです。

他のノーベル賞受賞者は購入している?

ips細胞でノーベル生理学・医学賞を受賞した「山中伸弥」教授は千枚購入しています。

他にも、がん治療薬「オプジーボ」の基礎を築き上げた「本庶佑(ほんじょ たすく)」氏も1千5百枚購入しており、歴代受賞者は大量に購入する傾向があるようです。

とはいえ、千枚購入すれば、約17万円とお土産にしては高額ですよね。

最後に

今回は受賞者に人気のチョコレートについて調べていきました。

チョコレートの内容自体はそこまで特別なものでもなかったです。

スウェーデンへ旅行した際にはぜひ購入を検討してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-国際
-,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.