【韓国国民の反応】GSOMIA継続で韓国の国民が激怒!不買運動は我慢していた模様

22日、日本と韓国で軍事機密を共有するための協定(GSOMIA)の継続が発表され1日が経とうとしています。

直前まで破棄の姿勢を覆さなかった韓国が、急ハンドルを切ったことで韓国の国民が混乱しています。

韓国国内では、どの様な反応を見せているのかまとめていきます。

破棄撤回に対する韓国国民の反応

これから紹介するのは、報道されている反日派の反応をまとめていきます。

(GSOMIA)延長の決定は国民を愚弄(ぐろう)する行為だ

 

GSOMIAに関し変更はないと言っていた文在寅氏はどこへ行った?

 

謝罪と賠償を拒否して軍国主義復活をしようとする日本とは何の安全保障協力をするのか

 

日本製品不買運動をしてキャンドルを持った国民を無視した決定

 

(日本製品の)不買運動をしているのに、政府があのような決定をすれば、国民の努力が台無しになる

輸出規制の対抗措置として、韓国国民が日本製品を不買する運動が活発化したことは有名です。

報道では韓国製品で代替できると豪語し、日本製品を踏みつぶしたりする行為をよく見ましたが、どうやら我慢してやっていた行為だったようです。

国民にここまでさせる反日教育は末恐ろしいと感じるばかりです。

 

文政権に対する反応

まぁ何を選んでもムンを待ち受けているのは大惨事なんですけどね。一連の頭の悪い判断のおかげでまともな選択肢が残されていないし。

 

あんだけ大騒ぎしてこれか。ムンジェインは無益な戦いをしたものだ

 

日本の首相と会談するために撤回したのか?これは韓国外交の大敗北だ。

 

文大統領は正しい決断を下した。GSOMIAを機能させるための米国と日本の当局者の努力がようやく実を結んだわけだ。ぬか喜びしていた習近平と金正恩がなんとも哀れじゃないか。

政権に対するネット上の反応は、否定的なものがほとんどでした。

国民全体がこのような感情であるとは考えませんが、大半はGSOMIA破棄をしてほしかったようです。

GSOMIAはいつでも破棄できるものなの?

破棄自体は可能です

ただ、途中破棄した場合は、日本を始めアメリカにも喧嘩を売る行為となります。

「いつでも韓日軍事秘密保護協定の効力を終了させることができるという前提条件」は、何の交渉材料にもなっていません。

 

仮に途中破棄を行使すれば、さらなる制裁が日本、アメリカから実施されることは逃れられないでしょう。

実質、途中破棄はできないと考えて問題ないでしょう。

結果的に韓国のわがままだったと考えられてもおかしくないでしょう。

最後に

GSOMIA破棄を匂わせることで、貿易規制を撤回してもらおうとしましたが、結局失敗に終わっています。

むしろ、日本側の信頼をより失うとともに、アメリカにも挑戦的な態度をとったりと、何も利益を得られていません。

 

日本に対する外交がことごとく失敗していることから、文大統領を「外交の天災」と揶揄されていたりします。

韓国の国民は本当にこのままの状況で満足しているのでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-国際
-,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.