原発処理水の海洋放出批判の韓国は6倍以上を放出、世界の処理方法は?海洋放出は普通!

韓国の反日カードの一つに「放射能問題」がありますが、新たな嫌がらせを開始しました。

それは日本でも問題になっている「福島原発の処理水の処理方法」です。

処理水の海洋放出発言が話題を集めましたが、これを機に韓国がここぞとばかりに日本批判を開始しました。

ただ処理水の海洋放出は世界各国、もちろん韓国でも行っている処理方法で「日本をたたきたいだけ」「日本への嫌がらせ」との意見もあります。

日本でも悪いイメージが多い海洋放出ですが、世界各国でどう処理されているのかをまとめます。

韓国は国際会議の場で原発処理水を批判

以前話題になりましたが、韓国は国際会議の場で日本の処理水の海洋放出について「全地球的な海洋環境に影響を及ぼし得る重大な国際問題」と意味不明な批判を行いました。

さらに日本へのイメージを悪くするために処理水をわざと「汚染水」表現しました。

 オーストリア・ウィーンでの国際原子力機関(IAEA)年次総会初日の16日、東京電力福島第1原発での放射性物質を含む処理水の処分をめぐり、日韓の間で批判の応酬があった。

 名指しは避けつつも、「放射性物質で汚染された水の処理をめぐって科学的根拠のない批判を受けることがある」と指摘した日本の竹本直一IT・科学技術担当相に対し、韓国科学技術情報通信省の文美玉(ムン・ミオク)第1次官は次のように反論した

 「日本政府高官が最近、『原発汚染水の海洋放出は避けられない』と言った。海洋放出が決定した場合、全地球的な海洋環境に影響を及ぼし得る重大な国際問題だ。IAEAと加盟国の共同の役割が必要だ。福島原発汚染水の処理問題が全世界的に不安感を増幅させている」

 現地からの情報によれば、韓国側は終始「処理水」ではなく「汚染水」との表現を繰り返し、海洋放出の恐怖感を強調。日本側は「汚染水を浄化した処理水であり、事実に基づかない主張だ」と否定した。議場は異様な雰囲気に包まれたという。

出典:産経新聞

 

韓国は同様の処理水を既に6倍以上も放出

原発処理水の海洋放出は世界各国で行われている処理方法で、もちろん韓国でも行われています。

韓国では過去に福島県に保管されている処理水の6倍以上を海洋放出しているとの話もあります。

河田氏は「(トリチウムを含んだ処理水の海洋放出は)世界各国でごく普通に行われている。当然、韓国の担当者も分かっているはずだ」といい、次のように疑問を投げかけた。

 「韓国東南部にある月城(ウォルソン)原発では、1999年に4号機が設置されて4基体制になって以来、累積で6000テラベクレルのトリチウムを放出したというデータがある。福島第1原発の保管タンクで貯蔵されているのは1000テラベクレル程度。つまり、韓国ではすでに日本の約6倍を海洋放出していることになる」

 自国が大量放出しながら、他国を批判するとは、卑劣極まる。

※河田氏(河田東海夫)= 元原子力発電環境整備機構(NUMO)理事

引用:夕刊フジ

 

世界の原発処理水の処理方法

原発処理水の海洋放出が世界で行われているのは本当なのでしょうか。

 

海洋生物環境研究所(公益財団法人)という研究機関の資料に「世界の原子力発電所で液体廃棄物として主に海に放出されたトリチウム量」という図資料ありました。

<引用:海産生物と放射性物質 - 海洋生物環境研究所

少し古いデータですが、日本だけでなく各国で海洋放出がされていることが分かります。

 

その他にも経済産業省が公表している資料に「世界の原子力発電所等からのトリチウム年間排出量」という資料ありました。

<引用:トリチウムの性質等について - 経済産業省

この資料でも各国で海洋放出・気体放出がされていることが分かります。

もちろん日本批判をしている韓国でも海洋放出をしています。

 

最後に

韓国が日本批判のために行っている「原発処理水の海洋放出」は世界でも普通に行われていることが分かりました。

もちろん海洋放出するにしても科学的に検証して安全性を証明は必要ですが、日本政府は韓国に言われっぱなしではなく、韓国の批判に反論して欲しいものです。

以上


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-国際
-

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.