2019年のボジョレヌーボは21日に解禁!気になるワインの出来とは?

毎年、11月中旬ごろに解禁される「ボジョレヌーボ」の解禁日が決まりました。

解禁日は11月21日(木)となります。

 

「ボジョレヌーボ」で注目されるのが、ワインの評価(キャッチコピー)でしょう。

歴代の評価を振り返りつつ、今年のワインの出来についてまとめていきます。

 

今年(2019年)の「ボジョレー」への評価とは?

輸入をしているサントリーワインインターナショナルは、今年のボジョレヌーボについて以下の評価を出しています。

 

今年は味わい豊かなブドウが収穫でき、果物をそのまま食べたようなワインに仕上がった

 

「味わい豊か」と評価をされており、昨年同様期待が大きくなることでしょう。

 

歴代の「ボジョレー」へのキャッチコピー

ここで歴代「ボジョレー」の独特なキャッチコピーを振り返ってみましょう。

1995年「ここ数年で一番出来が良い」
1996年「10年に1度の逸品」
1997年「まろやかで濃厚。近年まれにみるワインの出来で過去10年間でトップクラス」
1998年「例年のようにおいしく、フレッシュな口当たり」
1999年「1000年代最後の新酒ワインは近年にない出来」
2000年「今世紀最後の新酒ワインは色鮮やか、甘みがある味」
2001年「ここ10年で最もいい出来栄え」
2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来」
2003年「110年ぶりの当たり年」
2004年「香りが強く中々の出来栄え」
2005年「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』」
2006年「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」
2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
2010年「2009年と同等の出来」
2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」
2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
2014年「太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい」
2015年「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」
2016年「豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい 」
2017年「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい 」
2018年「珠玉のヴィンテージとして歴史に刻まれる」

 

今年は「果物をそのまま食べたようなワインに仕上がった」とあるので、キャッチコピーだけ見ると2014年あたりと同じようなニュアンスであることが分かります。

とはいえ、この評価はサントリーが出しているもので、ボジョレワイン委員会は以下のようなコメントを残しています。

2019年ヴィンテージは有望だと予想されてはいるものの、フランス全土の生産者にとって難しい年でした。

彼らがこれからやらなければならないことは、テクニックを存分に活かし、ぶどうを今までにない特別なものにすることです。

 

出来が良いとされていた2018年に比べると、出来に不安要素を残すようなコメントがあることから、昨年と比べると味が落ちている可能性もあります

 

ボジョレーの正しい飲み方

ボジョレーは「その年のワインの出来を見るための試作ワイン」であることを忘れてはいけません。

熟成させるためのワインとは製法が異なるので、購入後は早めに飲むことがおすすめされています。

 

おいしい飲み方

1.冷やして飲む

2.細身のグラスで飲む

 

渋みの少ないのが特徴なボジョレーは、普段ワインを飲まない方でも比較的飲みやすい部類のワインです。

普通のワインでは、冷やすことで渋みが出るそうですが、ボジョレーではその現象が起きにくいそうです。

 

ボジョレーは、香が豊かなワインではないので、底が広いグラスである必要がありません。気軽に普通のグラスでもおいしく飲めます。

最後に

ボジョレーの解禁日は世界で統一されているそうで、極東の日本は世界でも早く日が明けることでも有名です。

その点で言えば、いち早くボジョレーを楽しめる国となっています。

 

Amazonでもボジョレーの事前予約が始まっているので、予約してみてはいかがでしょうか。

 

安く手に入るボジョレーだからこそ、気軽にワインが楽しめる一品となっているので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-経済
-,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.