サウジアラビアがホルムズ海峡の有志連合に参加、参加理由は?【参加国・不参加国一覧】

サウジアラビアが米国が主導するホルムズ海峡の有志連合に参加することを表明しました。

サウジアラビアでは石油関連施設への攻撃があったばかりですが、参加を決めた理由は何なのでしょうか。

また現時点で有志連合に参加を表明している国と、不参加を表明している国についてまとめます。

日本経済新聞より>

サウジアラビアがホルムズ海峡の有志連合に参加

サウジアラビアが米国が主導するホルムズ海峡などの安全確保を目的とした有志連合への参加を表明しました。

 サウジアラビア政府は、原油輸送の要衝ホルムズ海峡などの安全確保を目的に米国が提唱している有志連合への参加を表明した。国営通信が18日伝えた。

出典:時事通信

 サウジアラビアは、中東のホルムズ海峡などを航行する民間船舶の安全確保に向けた有志連合に加わった。サウジの国営メディアが国防省筋の話として伝えた。報道によると、監視活動はホルムズ海峡のほか、バベルマンデブ海峡、ペルシャ湾などで実施されている。

出典:ロイター

 

サウジアラビアが有志連合へ参加した理由は?

サウジアラビアが有志連合へ参加した理由は何でしょうか。

最近サウジアラビアでは石油関連施設への攻撃がありました。この出来事が参加へ影響したとみられます。

 サウジ側は参加の目的として「海上交通と国際貿易に対する脅威に対抗する国際的な努力を支援するため」と強調。サウジ東部にある石油関連施設が14日に何者かに攻撃され、同国産油量の約半分に当たる原油生産が停止を余儀なくされたことを受け、エネルギー安全保障に危機感を強めたとみられる。

 

有志連合に参加している国一覧

日本だけでなく各国で参加の是非が議論されているホルムズ海峡の有志連合ですが、現在参加を表明している国はどこでしょうか。

参加国は今回のサウジアラビアを含めて4ヵ国となりました。

  • イギリス
  • オーストラリア
  • バーレーン王国
  • サウジアラビア

 

有志連合に不参加の国一覧

現時点で有志連合に参加しないことを表明している国はどこでしょうか。

  • ドイツ

 

最後に

サウジアラビアが米国が主導するホルムズ海峡の有志連合に参加することを表明しました。

アメリカはイランの攻撃と批判したり、イランは否定したりと問題は深まるばかりです。

以上


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-国際
-,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.