【11回サヨナラ!】横浜DeNA、6回裏にソト・梶谷選手のホームランで同点!7点差追いつく!試合経過まとめ

前日が雨で延期になった広島戦、優勝に向けて負けられないベイスターズですが、エース今永が7失点と勝利が絶望的かと思われていました。

ドラマは6回裏に待っていました。

ソト選手の3HR、梶谷選手の満塁HRで同点に追いつきました。

 

ベイスターズらしい一発攻勢で6回裏だけで7得点しました。

逆転に向けて猛攻を続けています。

 

試合の流れ

DeNA・今永選手、広島・床田選手の両先発で試合が始まりました。

今永選手は、1回から長打で3得点を奪われ、立ち上がりから調子が悪いように思えました。

今シーズンの対広島戦では完封2回で累計5勝と相性が良かっただけに、横浜ファンも期待していました。

その後の回も鈴木選手・長野選手にHRを打たれ、5回1/3で交代になりました。

 

打の方も5回裏までヒットが続かず、床田選手に無得点に抑えられていました。

ところが6回裏、先頭の宮崎選手がヒットで出塁すると、筒香選手のデッドボールで1,2塁でチャンスの場面、ソト選手の3HRで逆転の口火を切ります

攻撃はまだ続き、ヒットと四球でランナー満塁とすると、代打で梶谷選手が出てきます。

誰もがHRを期待したその瞬間、真ん中低めのカーブをライトスタンドへ運び、満塁HRとなりました。

 

この回一挙7得点で同点にしています。

 

8回表、DeNA・国吉選手が広島・會澤選手にソロHRを打たれ、再びリードを許しています。

しかし、8回裏DeNAの攻撃、先頭の大和選手が四球で塁に出ると、送りバントを決め、1アウト2塁のチャンス。

そこで回ってきた打者は、前打席で満塁HRを打っている梶谷選手。広島はフランスア投手に交代しました。

梶谷選手は真ん中ストレートをとらえ、ライト線へ2塁打を放ち、再び同点に追い付いています。

 

ソト選手、劇的サヨナラホームラン

延長11回裏、ランナー1,2塁の場面、長打が出ればサヨナラの状況で、打席に立ったソト選手がサヨナラ3HRを放ちました。

逆転の口火を切ったのもソト選手で、今日のヒーローとなりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-スポーツ
-

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.