ソロモン諸島が台湾と断交、中国の圧力で6ヵ国 断交の理由・台湾断交国一覧

ソロモン諸島が台湾と断交したとの衝撃の報道がありました。断交に至ったのは中国による政治的な圧力によるものとみられています。

なんとこれまでも中国の圧力によって台湾は5ヵ国と断交しました。今回で6か国目となり、台湾と国交がある国は残り16か国となりました。

なぜソロモン諸島は断交を決断したのか、なぜ中国は台湾と国交のある国に圧力をかけるのかまとめます。

また、台湾と断交した国の一覧と国交のある国の一覧をまとめます。

ソロモン諸島が台湾と断交へ

台湾は南太平洋にあるソロモン諸島との外交関係を断つことを発表しました。

現政権が発足した2016年5月以降で、中国の圧力によって断交に至った国は6ヵ国目になります。

それによって台湾と外交関係のある国は16ヵ国となりました。

 台湾の呉●(=刊の干を金に)燮(ご・しょうしょう)外交部長(外相に相当)は16日、南太平洋のソロモン諸島と外交関係を断絶すると発表した。中国が掲げる「一つの中国」原則を認めない民主進歩党の蔡英文政権が2016年5月に発足して以降、中国の圧力による「断交」は6カ国目で、台湾と外交関係のある国は16カ国となった。

 ソロモン諸島の内閣はこれに先立つ閣議で、中国との国交樹立を決めた。

出典:産経新聞

 

ソロモン諸島が台湾と断交した理由は?

なぜソロモン諸島が台湾との国交を断つことを決めたのでしょうか。

結論から言うと「中国からインフラ設備で多額の資金提供があった」とみられています。

 

ソロモン諸島では4月に政権が変わり、ソガバレ首相が就任しました。

首相は就任後に「国益に基づく対外関係の全面見直し」を表明していました。

そして超党派の調査グループが中国との国交樹立を提言していました。

 ソロモンは1983年から台湾と外交関係があったが、ソガバレ首相は4月の就任後、「国益に基づく対外関係の全面見直し」を表明。超党派の調査グループが中国との国交樹立を提言していた。

 中国からインフラ整備で5億ドル(約535億円)の資金提供の提案があったとの情報もある。

 

つまり政権が変わり、中国から多額の資金提供を持ち掛けられて中国に忖度したのでしょう。

 

なぜ中国が圧力を加えるのか?

そもそもなぜ中国は台湾と国交のある国に圧力を加えて、断交に持ち込むのでしょうか?

結論から言うと、蔡英文(さい・えいぶん)政権が中国が掲げる ”一つの中国” 原則を認めていない政権だからです。

よく耳にする「一つの中国」原則ですが、簡単に言うと「台湾を独立国家と認めるか問題」で、中国政府が「中国は一つしかない」という統治するのは中国であるという原則です。

「一つの中国」原則

中国政府の台湾問題に関する政治的主張の一つ。

「台湾は中国の不可分の領土であり、中国は一つしかない」ことを強調し、台湾の独立勢力などを牽制(けんせい)するものである。

参考:コトバンク

まとめると、現在の中国に対立する政権を抑え込むための嫌がらせです。

 

台湾と断交した国一覧(中国圧力)

断交国と時系列

現在の蔡英文(さい・えいぶん)政権が発足した2016年5月以降で、中国の圧力によって断交に至った国は6ヵ国目になります。

これまでにどの国が中国からの圧力によって、台湾と断交したのでしょうか。

台湾と断交した国一覧

2016年12月 :サントメ・プリンシペ民主共和国
2017年06月 :パナマ共和国
2018年05月 :ドミニカ共和国
2018年05月 :ブルキナファソ
2018年08月 :エルサルバドル共和国
2019年09月 :ソロモン諸島

断交国の地図

ほとんど何処にあるのかわからない国だったので、国の場所をまとめます。

  • サントメ・プリンシペ民主共和国

  • パナマ共和国

  • ドミニカ共和国

  • ブルキナファソ

  • エルサルバドル共和国

  • ソロモン諸島

 

台湾と国交のある国(16ヵ国)

  1. バチカン市国
  2. キリバス共和国
  3. マーシャル諸島共和国
  4. ナウル共和国
  5. パラオ共和国
  6. ツバル
  7. エスワティニ王国
  8. ベリーズ
  9. グアテマラ共和国
  10. ホンジュラス共和国
  11. ニカラグア共和国
  12. パラグアイ共和国
  13. ハイチ共和国
  14. セントキッツ・ネービス連邦
  15. セントルシア
  16. セントビンセント及びグレナディーン諸島

参考:【これだけ?!】台湾が国交を結んでいる国まとめ2018年度8月末版(NAVERまとめ)

 

最後に

ソロモン諸島が中国による政治的な圧力で台湾と断交しました。

独立したい台湾と、一つの中国を推し進める中国との問題は根深いですね。

以上


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-国際
-,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.