五輪委員会が旭日旗使用を許容、韓国は中朝と共闘を宣言 中朝の協力得られるか?

世界で唯一韓国だけが騒いでいる旭日旗問題ですが、このたび東京五輪組織委員会がオリンピックでの旭日旗の使用を認めました。

この決定を受け、韓国は遺憾の意を示し決定を批判したうえで、中国や北朝鮮と連帯して阻止するとしています。

旭日旗で騒いでいるのは韓国だけなんですが…。

旭日旗問題のやり取りと中朝の協力が得られるのかまとめます。

五輪委員会が旭日旗使用を許容、韓国は中朝と共闘を宣言

報道内容

 韓国国会の安敏錫(アン・ミンソク)文化体育観光委員長は4日、東京五輪・パラリンピック組織委員会が旭日旗の競技会場への持ち込みを禁止しない方針を明らかにしたことについて「帝国主義の象徴である旭日旗の使用は五輪精神を毀損する」と遺憾を示し、阻止に向け中国や北朝鮮との共闘を目指す意向を表明した

安委員長は同日出演したラジオ番組で「旭日旗、独島=竹島(島根県隠岐の島町)の韓国名=表記問題、福島産食材などの放射能問題、の3つが解決しなければ、東京五輪への参加を国民が認めるのか憂慮される」などと発言した。

出典:産経新聞

 国会文化体育観光委員会(文体委)の委員長を務める安敏錫(アン・ミンソク)共に民主党議員が4日、2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(以下、組織委)が来年の東京オリンピック(五輪)での旭日旗の使用を認めたことについて「極めて遺憾だ。これは国際オリンピック委員会(IOC)精神を根本的に否定し、違反する」と批判した

安委員長はこの日午前、MBC(文化放送)ラジオ番組「キム・ジョンベの視線集中」のインタビューで、「五輪はIOC精神に基づいてスポーツと政治を分離するとしている」とし「日本が態度を変えなければ、1936年のナチス五輪以降、来年の安倍五輪が最も恥ずかしい大会になるだろう」と述べた。

出典:中央日報

中朝と共闘して阻止すると宣言

中央日報では次のように報じられています。

 安委員長は東京五輪で旭日旗の使用を阻止するためには過去に日本から侵略被害を受けた中国や北朝鮮を中心に国際的な連帯を模索する必要があると説明した。

安委員長は「まず北にこの事実に対して連帯しようと伝える。旭日旗問題が南北間でふさがっている関係も突破する良いきっかけになるのではと思う」とし「中国とも連帯することも考えている」と話した。

 

中朝の協力は得られるのか?

結論から言うと「中国からの協力は得られない」のではないかと推測されます。北朝鮮については不明です。

中国も反日国家ですが韓国程見境もなく反日攻撃はしてきません。中国は冷静で特に日中関係が悪くないときにはあからさまな反発は行ってこないと思われます。

過去には旭日旗問題で中国の協力を得られず見放されることがありました。次の章で紹介します。

 

過去に旭日旗で中国に協力を得られなかった

例えば2018年10月に韓国で行われた国際観艦式で、開催国が韓国だったため日本の海上自衛隊に旭日旗を掲げないように要請してきました。それにより日本は参加を見送るといった出来事がありました。

その後2019年4月に中国で国際観艦式が行われました。韓国はもちろん旭日旗について噛みついてきましたが、中国は旭日旗について問題視せず海上自衛隊の艦艇は旭日旗を挙げて入港しました。

当時メディアでは次のように分析されました。

「日中関係を1ランクアップさせる」「旭日旗に対する反感を和らげる」「韓国に圧力を掛ける」という一石三鳥を狙ったもの

「現在は日中関係が悪くないため、中国当局もあえて旭日旗を問題視しなかった」

 

最後に

韓国は日本との問題についてすぐに国際社会に訴える(告げ口外交)手段に出ます。

最近のホワイト国問題もそうですが旭日旗問題も騒いでいるのは韓国だけという状況です。

それに旭日旗を問題視し始めたのもつい最近の出来事です。これで国際社会を味方につけられるとは思いませんし。韓国の異常性をさらに世界に広めるだけでしょう。

そもそもボイコットする国が開催中の話をするのもおかしいでしょう。

今後韓国がどんなトンデモ行動に出るか見守る必要があります。

以上


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-国際
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.