GSOMIA破棄で荒れている時期に竹島へ侵略行為を行う。もはや敵国か・・・?

日本とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄した韓国が、竹島への侵略行為を公開するという暴挙に出ました。

25日から始まった韓国海軍の訓練で選ばれた場所は、日本の領土「竹島」となっています。

ホワイト国除外を受けた報復措置の位置づけと考えられます。

 

GSOMIA破棄で荒れている時期に竹島へ侵略行為を行う。もはや敵国か・・・?

竹島問題はニュースでよく取り上げられ、皆さんご存じだと思います。

島根県に位置する「竹島」が、日本の領土か韓国の領土かで争っています。

 

現在は韓国人が日本の許可なく、軍事訓練を行うなど、強行手段を行うことで居座っています。

この問題は日本・韓国双方の解釈があり、平行線をたどっています。

 

正直なところ、どちらの領土かまだ分かっていない状態になっています。

 

そんな中、GSOMIAを破棄して間もない時期に「竹島」で軍事訓練を行いました。

日本側もこの訓練に対して、中止の要請を送りましたが、韓国は無視して例年より規模を拡大させて訓練を続行しています。

 

ここまで来ると、日本に対する挑発ともとれる行為をしており、日本にとっての「敵国」と見なされてもおかしくない状況になっています。

 

 

なぜこのタイミングで「竹島」上陸?

通常の考えだと、GSOMIAを破棄した直後に「竹島」で訓練は行えないと思いますが、韓国は日本に対する有効な対抗措置が無いからこそ、強硬手段に出るしかありません。

韓国は不買運動や日本のホワイト国除外、GSOMIA破棄など、日本に対する報復措置を行ってきました。

しかし、日本に対して致命傷を負わせるような対抗措置ではなく、むしろ自分の首を絞める結果となっています。

 

なぜここまで強気に出られるのか?

その答えは、今まで日本が折れてきたことが原因です。

 

慰安婦問題も日韓合意で完全に解決した問題だったにもかかわらず、掘り返してきて追加の賠償金を払ってきました。

韓国側からすれば、揺すれば金を出すと意識づけられたのでしょう。

 

ホワイト国除外を受けて、今回も強気に対抗措置に出れば、日本側が折れるだろうと算段を立てたのだと思います。

一時的に自分の首を絞めることになっても、日本が折れれば儲かりますから。

 

しかし、日本側は韓国の報復措置を真っ向から受け止め、毅然とした態度で対応しています。

追加で対抗措置を取っていくうちに取り返しのつかないところまで行ってしまったため、強気の姿勢を崩せないのでしょう。

 

韓国の報復は市民レベルでも起こっている

日本製品の不買運動は皆さんもご存じかと思いますが、韓国内で日本人に対して暴行を加える事件も起こっています。

 

韓国の首都ソウルでその事件は起こりました。

観光に訪れていた日本人女性が韓国人の男に髪の毛を引っ張られる暴行がありました。

 

事件の発端は、韓国人男性が日本人の女性に対してナンパをし、それを無視した際に差別用語を言ったことが原因でした。

男は暴行で事情聴取を行っていますが、暴行について否認しています。動画が残っているにも拘らずです。

合わせて「反日感情とは関係ない」とも言っているそうです。(聞いてもいないのに反日に結び付ける時点で・・・)

 

最後に

連日、韓国は日本に対して報復を取ったり、非難する言葉を言ったりと世間を騒がせています。

日本人も「また韓国か」とあきれる方も出てきています。

 

一部では韓国関連のニュースを娯楽として見ている人もいるそうです。

 

果たして日韓関係はいつ落ち着くのか、このままの勢いで関係が悪くなると断交まであり得るかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-国際
-,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.