【審判の日】GSOMIA期限間近(8/24締)日米と北朝鮮のどちらを選ぶのか?日米韓に及ぼす影響

いよいよ運命の時が迫ってきました。

韓国がGSOMIA(韓日軍事情報包括保護協定)の破棄を示唆している問題で24日に更新期限を迎えます。

今一度「韓国が置かれている状況」や「継続・破棄が日米韓に及ぼす影響」について整理したいと思います。

GSOMIAのメリット・デメリット

この辺は別途記事で詳しく解説していますので、そちらも併せて参照ください。

【ホワイト国除外】GSOMIA日本のメリットは?韓国破棄で日本にデメリットある?

続きを見る

ここでは要点だけ解説します。

GSOMIAの概要

簡単に言うと「日米韓で北朝鮮に関する軍事情報を共有して緊密に連携しましょう」という枠組みです。

北朝鮮の兵器開発に関する情報や、ミサイルが発射された場合にすぐに得た軍事情報(衛星やレーダなど)を共有できるようになります。

2016年11月にアメリカ主導で日米韓で締結されました。

「継続」のメリット(日本視点)

現状維持のため、新たなメリットは特にありません

「破棄」のデメリット(日本視点)

日本は何も困りません。日本のデメリットはありません

韓国がいなくても日米で連携ができ、そもそも日本の情報収集能力は高く、韓国の情報に頼っていません。

 

GSOMIA継続と破棄のそれぞれの影響

GSOMIAを継続するのか破棄するのかは24日に結果が分かりますが、それぞれの場合に日米間に及ぼす影響について考えてみたいと思います。

日本への報復措置として挙げた「GSOMIA破棄」の外交カードが、まさか日米をとるか北朝鮮をとるかの踏み絵になるとは考えてもいなかったのでしょう。

ある意味、韓国史における重要な分岐点とも言えます。

「継続」の場合

日本・アメリカ
  • 現状維持、特に影響なし

今まで通りの運用となるため特に影響は無いでしょう。

韓国
  • 韓国の世論を敵に回す
  • 北朝鮮の反感を買う

韓国国民に「二度と日本に負けない」など強気な発言をして反日感情を煽っている状況で、なおかつGSOMIA破棄の韓国世論がある状況で「日本に譲歩した」と思われれば、文政権に対する批判が強まるのは当然です。

さらに北朝鮮は「GSOMIAを破棄せよ」と韓国に要求しています。そして文大統領は親北派で朝鮮統一を掲げています。

日本に反発する中で「日本に対抗すべく北朝鮮と平和経済を形成する」や「2045年までに挑戦を統一する」など北朝鮮への熱い眼差しを送っています。

しかし北朝鮮は朝鮮統一や平和経済を掲げる文大統領に対して、アメリカとの合同軍事演習などを引き合いに強く反発しています。

ここで「GSOMIA継続」になればさらに北朝鮮からの反感を買うことになります。

「破棄」の場合

日本・アメリカ
  • 防衛に関わる大きな影響はなし
  • アメリカは激怒する(事実上の同盟破棄?)
  • アジアの前線が日本になる可能性

先に「GSOMIA破棄のデメリット」でも述べたように、破棄によって日本に及ぶ影響は少ないと思われます。

ただしアメリカは激怒するでしょう。何度も破棄しないようにくぎを刺しています。

そもそもアメリカ主導で結ばれた日米間の協定で、中国や北朝鮮を牽制する意味もある協定です。

度重なる裏切り行為を背景にGSOMIA破棄となれば事実上の同盟破棄になるとの話もあります。

アメリカが韓国を切り捨てることになれば、日本に影響が及びます。

韓国は地理的に中国や北朝鮮に近く、一種のアジア最前線の役割を担ってきました。

韓国を切り捨てる話になれば、この最前線が日本になってしまいます。

韓国
  • 韓国国民が喜ぶ(支持率上昇?)
  • 北朝鮮が喜ぶ
  • 中国・ロシアが喜ぶ
  • 韓国経済崩壊

何より韓国国民と北朝鮮が喜びます。

そして日米間の関係が崩れることに中国とロシアも喜びます。

しかし、GSOMIA破棄によりアメリカを怒らせることになれば韓国経済は崩壊の道を進むでしょう。

韓国は日本やアメリカの後ろ盾によって国際的な信用を得ています。(特にお金や貿易分野)

日米の後ろ盾がなくなれば国際信用は地に落ち、ただでさえウォン安が進み経済が崩壊しかかっている状態で追い打ちをかけることになります。

 

最後に

GSOMIAの更新期限の24日が迫ってきました。

日本への報復のつもりで取り出した外交カードが、思わぬ事態を招いていることを韓国は理解しているのでしょうか。

日米か北朝鮮かを選ぶ踏み絵になってしまいました。(自ら追い込んでいるのですが…)

韓国史を左右する分岐点になるかもしれません。24日の韓国の答えが楽しみです。

 

以上


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-国際
-,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.