【ホワイト国除外】韓国が告げ口外交を再開⁉日本不在の場で対日批判

日本が韓国をホワイト国から除外することを閣議決定したことを受け、韓国お得意の「告げ口外交」を開始したようです。

告げ口外交とは韓国の朴槿恵前大統領が行った戦略です。慰安婦問題などで日本不在の場で日本批判を第三国に言いつける様子を表した言葉です。

告げ口外交(つげぐちがいこう)とは韓国の朴槿恵大統領が行った日本に対する外交戦略の日本のメディアによる俗語。日韓問題に関して日本との直接的に対峙することを避け、米国などの第三国に韓国の主張を説き、日本への圧力を要請しているとされる戦略を指す。

引用:Wikipedia

東南アジア諸国連合の関連外相会合に出席

8/1からタイの首都バンコクで「東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会合」が行われています。

日本からは河野外務大臣が参加し、日ASEAN外相会議,ASEAN+3(日中韓)外相会議,東アジア首脳会議(EAS)参加国外相会議,ASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会合,日メコン外相会議などに出席します。

外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_007656.html
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_007656.html

続きを見る

日本不在の国際会議の場で日本を批判

8/3に韓国の康京和(カンギョンファ)外相は、東南アジアのメコン川流域5カ国の外相らと会談しました。

その場に日本は参加していませんでしたが、日本が韓国をホワイト国から除外したことに触れて「域内の共同繁栄を阻害する可能性がある」と日本の措置を批判しました。

8/2の日本も含めた多国間会合の場でも繰り返し日本批判をしていたことから、参加国からは「日韓の間で話し合ってほしい」との戸惑いの声もあったようです。

ちなみに韓国以外の参加国はタイ、カンボジア、ラオス、ベトナム、ミャンマーで、いずれの国も日本のホワイト国ではありません。

 

タイ首相との会談で日本を批判

8/3に行われた韓国の康京和(カンギョンファ)外相とタイのドン外相との2国間会談でも、日本のホワイト国除外の措置に対して「一方的で恣意的な不当な措置」と主張したようです。

 

日本政府の反応

韓国外相が東南アジア地域5カ国の外相らとの会談で日本の対応を批判したことを受け、河野外務大臣は「(優遇措置のレベルが韓国より低い)メコン諸国との間で貿易上の問題は起きていない。(メコン川流域国は)何が争点なのか分からないと思う」と発言しました。

河野太郎外相は記者団に「(優遇措置のレベルが韓国より低い)メコン諸国との間で貿易上の問題は起きていない。(メコン川流域国は)何が争点なのか分からないと思う」と疑問を呈した。

引用:毎日新聞

 

最後に

韓国お得意の「告げ口外交」が始まりました。今後も各国を回って日本批判を展開するのですかね。

河野外務大臣も仰っていますが、ホワイト国でない国に対して「日本が韓国を優遇してくれなくなった」なんて言っても「うちは普通に手続きしてやってるし…」となるのは当然です。

 

ただし、韓国はすぐ嘘をつくので注意が必要と思います。
2日に行われた日米韓の会談後の日韓のコメントで食い違いがありました。

韓国側はアメリカから「難しいがどのような努力ができるか役割を尽くしたい」と仲裁に前向きであるとの説明を行いました。それに対し日本側は「具体的な仲介案は示されなかった」と反論しました。

結局会談後に米国務省高官が「米国は仲裁や仲介に関心はない」と述べ、日韓の問題に深入りしないことを示唆しました。

参考
膠渇?絎????ラ?????腴?綏<??荐?????膠喝?純??参茖?????篁俄????????潟??????
米高官が日韓の対立巡り言及「米国は仲裁にも仲介にも興味ない」

続きを見る

韓国が各国に「嘘の告げ口」をしないように、引き続き日本政府には日本の正当性を国際社会に説明してほしいです。

 

以上


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-国際
-,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.