中国で肺ペスト2人感染、症状や感性経路は?高い感染力も拡大は低い根拠は?

11月12日に中国国内で感染力と致死性の高い「肺ペスト」の感染が2件確認されたことが公表されました。

中国当局によると患者2人は隔離・治療を受け、関係者全員も処置を受け感染拡大の可能性は低いとしています。

発症24時間で死に至る可能性のある肺ペストとはどのような病気で、何を根拠に安全と言っているのかまとめます。

中国で肺ペスト2人感染

 中国のチャイナ・デーリー紙によると、同国の内モンゴル自治区で感染力と致死性の高い肺ペストの感染が2例確認されたが、医療当局者らは流行に発展する危険は低いとしている。

 北京市朝陽区の医療当局者らは12日、内モンゴル自治区の患者2人が肺ペストに感染したと確認されたことから、北京の病院に収容し、隔離したと述べた。新華社によると、1人は重体、一人の容態は安定している。

 北京当局は注意喚起文書で、肺ペストは主にネズミを媒介に拡散し、人に感染して治療を怠れば致死率はほぼ100%と説明した。

 医療当局は、感染の危険にさらされた人は全員追跡され、処置を受けたとしている。また病院は、類似症状に対する監視を強化したという。

出典:ロイター

 

肺ペストについて

<写真:Wikipedia>

同居女性を縛り監禁「有坂信吾」が逮捕、顔画像やSNS判明?犯行動機や事件経緯は?

続きを見る

症状・治療方法

【潜伏期間】

潜伏期は2-3日

【症状】

高熱、血痰を伴う肺炎、強烈な頭痛、嘔吐、呼吸不全、ショックに至る。

【治療方法】

肺ペストでは抗菌薬による早期治療が重要である。テトラサイクリン系(ドキシサイクリン)、アミノグリコシド系(ストレプトマイシン、ゲンタマイシン)、キノロン系(シプロフロキサシン、レボフロキサシンなど)を発症8-24時間以内に投与する。

感染力と致死率

発症から24時間以内に重篤となり、適切な抗菌薬が使用されない場合の致死率は90-100%と言われている。

感染経路

①肺ペスト患者および感染げっ歯類からの飛沫感染
②腺ペストまたは敗血症性ペストからの移行

 

中国当局発表の「感染拡大の可能性は低い」根拠は?

肺ペストは感染力が高く飛沫感染もしますが、中国当局は感染拡大・流行の可能性は低いとしています。

いったい何を根拠としているのでしょうか。

発表では

患者2人と濃厚接触した人(感染の危険にさらされた人)は全員追跡して隔離措置をとった

現時点で感染の拡大は確認されていない

としています。

ただ中国の発表ということで多少心配があり、今後の動向に注意が必要です。

 

ネットの反応

ネット上では中国当局の発表ということで信憑性を心配する声が多くみられます。

これだけグローバルな時代に感染リスクが低いなんていう当局者の、しかも中国の発言をそう易々と信用するわけにはいかない

それより発生場所が内モンゴルっていうのが気になる。
中国共産党が意図的に地域封鎖するためのデマではないかと疑っている。

拡散リスクは低いというその根拠は?
風邪と症状が似てる事から、放置したまま外出して拡散してるリスクは相当高い。それなのに低いと来たもんだ。

その肺ペスト、まずどこから拾ったのだろう?
この二人がかかった原因はなんだろうか。

そして、日本では、どうか厳重な水際対策を…!
どれほど珍しかろうが、どれほどかかった人数が少なかろうが、最悪24時間で死亡するような強烈な悪病を絶対日本にいれてはいけない。
飛沫感染するものなら、パンデミックになる可能性もある。

低いと言っている時点で危機管理能力がないのを露呈している。
海で隔たれているわけでもなく陸続きなんだぞ。。。

流入は100%あると考えて対策を練るのが危機管理というものではないのか?

希望的観測を公式に発表するのは局が適切な対応を取らないと言っているのに等しい。

アフリカ豚コレラの防疫や過去の口蹄疫・鳥インフルエンザだけを見ても、口だけだというのが解る。

感染した2人が立ち寄ったところは消毒済みなのでしょうけど、立ち寄ったところに居合わせた不特定多数の人達はどうしてるんでしょう…。
短時間で発症と書いていますが、人によって時間も違うでしょうし、感染拡大の可能性は極めて低いって思えない…飛沫感染だと簡単にうつりそうですが。
次にまた感染者のニュース記事が出そう…。

 

最後に

中国当局の発表ということで、拡散リスクが低いと言われても安心できません。

患者2人と接触した人を追跡して隔離処置をとったとのことですが、感染力が強く飛沫感染もするため、発症前に行ったところのすべての人を調べるのは物理的に不可能でしょう。

感染者が増えないことを願います。

以上


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-国際
-

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.