元KARA・ハラ氏の遺体が自宅で発見。前日の意味深な自撮りとは?

日本で、韓流ブームが起きていたことは記憶に新しいでしょう。

女性ユニット「KARA」もそのブームに乗って日本でも有名になりました。

24日、元「KARA」メンバーの「ク・ハラ(愛称・ハラ)」氏が、自宅で遺体として見つかりました。

亡くなる前日にSNSで投稿した自撮り写真などについて調べていきます。

元「KARA」・ハラ氏のプロフィール

【名前】ク・ハラ

【誕生日】1991年1月13日

【年齢】28歳

【血液型】B型

【事務所】プロダクション 尾木

【経歴】2008年 KARAメンバーに加入

2008年にソンヒ氏が脱退したタイミングで、オーディションにて合格を果たし「KARA」に加入しています。

2015年にはソロデビューを果たしており、2019年6月には日本を活動拠点に移したことで話題となりました。

東北大震災でも1億ウォン(720万円)の寄付をしており、日本に対する思いが強い方でした。

 

亡くなる前日のインスタ投稿

23日にハラ氏のインスタグラムにて、自撮り写真が投稿されています。

この投稿をInstagramで見る

잘자

구하라(@koohara__)がシェアした投稿 -

韓国語で「잘자」と一言のみの投稿となっています。

日本語に訳すと「おやすみ」という意味深な言葉を残してこの世を去っています。

なぜ亡くなる前日に「おやすみ」という言葉を残したのでしょうか。

「おやすみ」の意味

インスタグラムの写真では、ベッドで横になっている姿が写されています。

日本の芸能人たちも似たような自撮りをSNSでよく見るので、通常であればファンサービスの一環と考えられるでしょう。

 

今回の場合、亡くなる前日にファン達とのお別れと取れなくもないです。

ただ現在、死因については詳しく報道されていないため、憶測の範疇を超えません。

「ク・ハラ」氏は過去に自殺未遂をしている

5月26日、ソウル市内の自宅で意識不明の状態で見つかっています。

前日には今回と同様に、意味深な投稿がされています

「大変なのに大変じゃないふり、つらいのにつらくないふり。そうやって生きて来たら、表面は大丈夫そうに見えるのに、中はぼろぼろに壊れている」

引用元:文春オンライン

韓国では自殺するアイドルが非常に多いです。

韓国アイドルに対する、SNSによる誹謗中傷が非常に多く寄せられているそうです。

SNSからのストレスから鬱に陥ったり、活動を休止することも度々見かけます。

 

「ク・ハラ」氏も容姿に対する中傷をはじめ、元交際相手からリベンジポルノされるなど、過剰なストレスがかかっていたことは間違いありません。

鬱病には波があり、前日まで元気でも亡くなっている事例も多いです。

「ク・ハラ」氏もストレスによる鬱を患っていた可能性は十分あります。

最後に

最近、韓国アイドルが自殺で亡くなることが多くなってきています。

報道でよく目にするのが、SNSによる誹謗中傷です。

匿名性が高いことからといって、心無い言葉を投げつけるのは良くありません。

SNSのユーザーたちが今一度、リテラシーを守っていく必要がありそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-芸能
-,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.