不正アクセスで有給休暇の記録消去した町職員「作本美菜」が逮捕、顔画像やSNS判明?犯行動機や事件経緯は?

有給休暇を不当に多く取得する目的で、他人のIDを使い計637回にわたり不正アクセスし有給休暇の記録を消去していたとして、福岡県飯塚市川津に住む小竹町職員・作本美菜(さくもと・みな)容疑者(34)が不正アクセス禁止法違反と公電磁的記録不正作出・同供用の容疑で逮捕されました。

作本美菜容疑者の事件について事件経緯や犯行動機、プロフィールや顔画像、SNSアカウントについてまとめます。

{事件概要}「作本美菜」が逮捕

作本美菜容疑者について報道メディアでは次のように報道されています。

 勤務先の福岡県小竹町のシステムに約2年間で600回超の不正侵入を繰り返し、過去に取得した年次有給休暇のデータを改ざんするなどしたとして、福岡県警は6日、同町税務住民課の主任主事、作本美菜容疑者(34)=同県飯塚市川津=を不正アクセス禁止法違反と公電磁的記録不正作出・同供用容疑で逮捕した。県警によると、容疑をおおむね認めている。

 逮捕容疑は2020年5月~22年4月、公務中に他の職員のIDやパスワードを使って町のシステムへ計637回にわたって不正に侵入。自身が21年6月と22年3月に取得した年次有給休暇3日分の記録を削除するなどしたとしている。  県警サイバー犯罪対策課によると、不正侵入には町職員24人分のIDやパスワードが悪用されていた。同課は、作本容疑者が有給休暇を不当に多く取得したり、他の職員の給与明細や人事評価の内容をのぞき見たりする目的があったとみて動機を追及する。

 逮捕を受け、松尾勝徳町長は6日、町役場で記者会見を開き「誠に遺憾。再発防止と信頼回復に取り組む」と陳謝した。町の調査によると、他の職員がメールに添付して送信していた人事評価に関するファイルを、作本容疑者が自らのパソコンにダウンロードしていた形跡もあった。

 一方、町民の個人情報について町はシステム上、アクセスできない仕組みになっており、情報漏えいの恐れはないと強調。町の調べに作本容疑者は「来年に繰り越す有給休暇を増やしたかった。同僚の人事評価なども軽い気持ちで閲覧した」などと説明したという。

 作本容疑者は3月、公務中に町役場内にある労働組合の鍵付きの個室を無断で使用し、20代の男性職員と密会していたことが発覚。町が地方公務員法上の職務専念義務違反に当たるとして内部調査したところ、今回の不正アクセスの疑いも浮上し、県警に相談していた。県警は5月に役場内を捜索し、裏付け捜査を進めてきた。

引用:毎日新聞

「作本美菜」のプロフィール・顔画像・SNS

作本美菜容疑者について現在判明している情報をまとめます。

「作本美菜」のプロフィール

プロフィール

名前 :作本美菜(さくもと・みな)
年齢 :34歳
職業 :福岡県小竹町職員「税務住民課・主任主事」
住所 :福岡県飯塚市川津

「作本美菜」の顔画像

作本美菜容疑者の顔画像については、現在報道されておらず判明していません。

「作本美菜」のFacebookやTwitterなどSNSアカウント

作本美菜容疑者のSNSアカウントについては、現在判明していません。

ネットの反応

作本美菜容疑者についてネットの反応を紹介します。

初期パスワードでログインしたら強制でパスワードを再設定しないと先へ進めないようにするべき。別に難しい話でも金がかかる話でもない。
逆にそんなに簡単に見れるんなら他の職員も多かれ少なかれ不正アクセスして給与情報等個人情報見てるやろ。ログ管理で簡単に分かるんだから徹底的に調べて、他にもいるなら芋づる式に職員を処分しないとおかしい。

住民税務課の職員って…今回は内部不正で済んだけれど、戸籍・住民票・印鑑証明・固定資産・固定資産・車両登録などなど周囲は個人情報の山。
いかに情報管理無茶苦茶か分かりますね。こんな事件が起こると、またマイナンバー登録に慎重になる方が増えそうです。

個人情報を集約すれば、それが漏れるのは必然。
公務員だろうがモラルの低い人間はいるし、故意に流出させて儲けようと企む者もいる。モラルは高いがITに対する理解不足で事故で流出させてしまうものもいるだろう。結局、個人情報を役所に任せたからと言って安心ではない。

最後に

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,