大麻160回分を所持していた元フジテレビ局員「小林正彦」容疑者の顔が判明か

フジテレビの局員が大麻を所持していたとして

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

「大麻1回分の使用量はおよそ0.5グラムから0.7グラムくらい。今回逮捕された人物は、およそ160回分の大麻を所持していた計算になります。個人で使用する量とは到底思えません」(全国紙社会部記者)フジテレビ局員の不祥事がまた明るみに出た。6月8日、乾燥大麻約80グラムを所持していたとして、同局の編成制作局所属の社員・小林正彦容疑者(38)が警視庁に逮捕されたのだ。 同局では、『ポップUP!』のチーフプロデューサーによるパワハラによってスタッフが自殺未遂に追い込まれたことが報じられたばかり。連日の不祥事であることに加え、冒頭で記したように「80グラム」という多量の大麻が職務質問で見つかったこともあり、SNS上では瞬く間に話題が拡散した。 「小林容疑者と車に同乗していた友人も逮捕されたとのことですが、それでも数人で使用する分量ではなく、売買目的で所持していた可能性が十分にあります。 近年はSNSで『野菜(大麻)』『手押し(直接売買)』といった隠語で購入者を募るケースが散見され、ある意味で誰でも麻薬取引できるような状況がまかり通っています。フジテレビ社員が麻薬を使用していただけでなく、取引にまで手を染めていたとしたら、ハレーションはさらに大きくなるでしょう」(前出・記者) 小林容疑者はフジテレビを自己都合で5月に退職していたとのことだが、周囲は容疑者の大麻所持について勘づいていたのだろうか。

出典:

犯人の詳細について

【名前】小林正彦

【年齢】38歳

【性別】男性

【職業】テレビ局員

逮捕されたのは、フジテレビ局員「小林正彦」容疑者です。

小林容疑者は160回分の大麻を所持していたとして逮捕されています。

職務質問で今回の容疑が判明したようです。

ネット上の反応

大麻の記事の際大麻信者が世界では合法=安全なものみたいや話するけど、実際は違う。年齢制限や地域限定や株数の制限など完全なるフリーではないし、違法としてる国も、もちろんある。

つまり使い方次第では危険なものであることは基本各国変わらない。

確かに日本は厳しい方だとは思うが、厳しさの程度の違いだけで、真逆でも逆行でもない。

合法=安全なものという印象を与えかねないが、国連麻薬委員会という国際機関も定義している通り危険に変わりないということを今一度知っておく必要があると思う。

こうやって麻薬使用者が後を絶たないから合法化してルールで取り締まるという国もありますね。
ただ、それは合法化することでマフィアなどに金が流れにくくする、税金をきちんと徴収するというメリットがあるから。

日本はそうなって欲しくないから、インターネットを全てAIに盗聴させてでも取り締まりを強化して欲しい。

最近、マスコミでの不祥事の検挙が多いですね。

元々、マスコミ業界の人が検挙される報道が多いとは感じていますが、特にこのところ表に出てきた件が多い。本来均一に分散していそうなんですが、固まって出てくると何らかの原因が有るのでは無いかと勘繰ってしまいます。取り越し苦労なら良いのですけど。

ドラッグゲートが社員に混ざっていると社内に蔓延しさらなるドラッグゲートが生まれる。人間の管理が1番難しい。人権が保証されているから確実に黒だという証拠を元に社内捜査が始まるのでグレー期間に蔓延するタイムロスが発生する。不定期に薬物検査を社内で実施できれば良いのだが。

最後に

160回分というとんでもない量の大麻を持っていたことを考えると、

回りの人間を取り調べすればまだまだ出てきそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,