改造モデルガンで銃刀法違反 元教師「高田広司」容疑者の顔が判明

元教師の男が銃刀法違反で逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

帽子をかぶり、青空のもとを歩く男。 自らを「令和のドンキホーテ」と名乗る男が、銃刀法違反の疑いで逮捕された。 逮捕されたのは、高田広司容疑者(70)。 中学校の元教師。 高田容疑者は2021年7月、自宅に改造拳銃を8丁、模造拳銃を2丁、あわせて10丁を所持した疑いが持たれている。 自宅のタンスから出てきた改造拳銃は、本物の拳銃と同様に殺傷能力があるという。 なぜ、改造拳銃などを所持しているのが発覚したのか。 高田容疑者は、改造拳銃を使い、ビスケットなどを撃つ動画をYouTubeに投稿していたため、所持が発覚した。 警視庁の調べに対して、高田容疑者は「購入したモデルガンを自分で改造した」と供述していて、容疑を認めているという。

出典:フジテレビ系(FNN)

犯人の詳細について

【名前】高田広司

【年齢】70歳

【性別】男性

【職業】元教師

逮捕されたのは、令和のドンキホーテ「高田広司」容疑者です。

高田容疑者は中学校の元教師で、改造したモデルガンを所持していたとして逮捕されています。

youtubeに投稿していた動画で所持が発覚したようです。

容疑に対して「購入したモデルガンを自分で改造した」と認めているようです。

事件の起きた場所について

【住所】名古屋市天白区植田東

事件は「名古屋市天白区植田東」で起きたようです。

ネット上の反応

発射された弾の力が、ある一定の数値をオーバーすると規制の対象になる
ジュール値というものだ
市販されているオモチャのガスガン類などは銃刀法に違反しない範囲内で作られているが、最新のガスガン類などはギリギリ、もしかしたら空気の薄い高い山だったら規制ジュール値を超えて銃刀法に触れるだろ
最近のオモチャであるはずのガスガン類はかなりヤバイよ

殺傷能力って意味で言ったら、同じようにYouTubeでレールガン作って缶を撃ち抜いたりしてる人もいるけどそれはアウトにならないのかな…

何年か前に福岡県警の警察官(宗方署)がオークションで殺傷能力のあるモデルガンを販売して逮捕されていたので、驚きません。

コロナも含めですが、下手な老人ホームよりタダ飯食えて家賃なく寝れると考えたんじゃないかな?少なからず罪をつぐない自身の情けを悔い改めて頂きたい。

最後に

教師をやっていたような人でもこのような犯罪で逮捕されるのですね・・・。

youtubeで似たような動画をあげている人もいますが、今後逮捕されるのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,