交通事故後に飲酒で飲酒運転を隠したか?会社員「大塚洋一」の詳細とは 基準値の6倍のアルコール検知

北九州市で、飲酒運転が原因で事故を起こした疑いで会社員が逮捕されています。

逮捕された男性の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

北九州市で酩酊状態で追突事故を起こした疑いで、55歳の男が逮捕されました。 ◆記者 「追突事故を起こした車はフロント部分がえぐれるようにして壊れています」 危険運転致傷の疑いで逮捕されたのは、北九州市門司区の会社員・大塚洋一容疑者です。 警察によりますと大塚容疑者は1日朝、門司区高田で酩酊状態で追突事故を起こし、男女2人に首のねんざなどの軽傷を負わせた疑いです。 大塚容疑者は交番に事故を申告したあと、近くのコンビニエンスストアで缶のハイボールを購入して3分の2ほど飲み、事故後に飲酒したように見せかけようとしたとみられますが、呼気から基準値の6倍を超えるアルコールが検出されたことから、警察は事故前からめいてい状態だったと判断しました。 大塚容疑者は「酒を前日に飲んで朝には抜けたと思った」と容疑を否認しています。

出典:TNCテレビ西日本

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】大塚洋一

【年齢】55歳

【性別】男性

【職業】会社員

逮捕されたのは、北九州市の会社員「大塚洋一」容疑者です。

大塚容疑者は、飲酒運転が原因で追突事故を起こし、男女2名にケガを負わせたとして逮捕されています。

警察に通報後、コンビニで買ったハイボールを飲んで事故後の飲酒と見せかけた疑いがあります。

呼気からは基準値の6倍にものぼるアルコールが検知されています。

容疑に対して「酒を前日に飲んで朝には抜けたと思った」と否認しているようです。

事故の起きた場所について

【住所】福岡県北九州市門司区高田

事故は「福岡県北九州市門司区高田」で起きたようです。

ネット上の反応

逮捕されてもまだ逃れようとしている。
かなり悪質。こういうのは確実に危険運転になる様にすべきなのでは?

飲酒運転した人間は、生涯消えない烙印を皆んなに見えるように焼き付けておく。免許証の再発行せず、無免許運転した場合には、刑務所から出さないくらいにしないと減らない。

昔、こういう話、聞いた事が有る。

飲酒運転していて警察に停められたら「警察官の目の前で酒を飲めば良い」と。
アルコールが検出されても運転している時か、停車後か判らないから飲酒運転を誤魔化せるとか、飲酒後運転できなくなる事は警察が何とかしてくれるとかあったなぁ。

まさか、本当にやる馬鹿がいるとは。

福岡ばかり報道されているように見えるけど、他の県のはあまりニュースになっていないだけなのかな。違反金の上限を1000万くらいに引きあげたらいいんじゃないかな?それでも飲酒運転する人は無くならないと思うけど。そもそも事故を起こすと思って運転してないだろうし。お国にとって安全よりも大事な国庫収入金も増えるんじゃない?

最後に

基準値の6倍ともなると、相当な量のお酒を摂取しているように思います。

事故を起こして数分の間に飲める量なのでしょうか。

本当に飲酒運転でないなら、なぜ警察に疑われるような行為をしてしまったのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.