警察官が飲酒運転で逆走「山城順一」警部が逮捕、顔画像やSNS判明?犯行動機や事件経緯は?

基準値の約7倍のアルコールを摂取した状態で車を運転して道路を逆走したとして、沖縄県うるま市石川山城の県警本部地域課警部・山城順一(やましろ・じゅんいち)容疑者(58)が道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で緊急逮捕されました。

山城順一容疑者の事件について事件経緯や犯行動機、プロフィールや顔画像、SNSアカウントについてまとめます。

警察官が飲酒運転で逆走「山城順一」が逮捕

 沖縄県警は16日、県警本部地域課警部山城順一容疑者(58)(沖縄県うるま市石川山城)を道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で緊急逮捕した。

 発表によると、山城容疑者は同日午後4時半頃、うるま市石川伊波の県道付近で酒気を帯びて乗用車を運転した疑い。「逆走している車がいる」との110番があり、警察官が駆けつけたところ、コンビニの駐車場に停車した車の近くに立っている山城容疑者を発見。呼気から基準値の約7倍のアルコール分が検出された。「酒は抜けていると思って運転した」と供述している。

出典:読売新聞オンライン

 

事件の詳細

事件の経緯

山城容疑者は1月16日午後4時半頃、うるま市石川の県道を酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑いが持たれています。

「対向車線を逆走している車がいる」と110通報があり警察が駆け付けたところ、現場近くのコンビニエンスストアの駐車場で山城容疑者を発見し職務質問しました。

酒の臭いがしたため呼気検査したところ基準値の7倍のアルコールが検出されたため緊急逮捕されました。

山城容疑者は病気を理由に昨年10月から休職していたとのことです。

犯行動機

山城容疑者は容疑を否認していて、

「酒は抜けていると思って運転した」

と供述しています。

 

「山城順一」のプロフィール・顔画像・SNS

「山城順一」のプロフィール

プロフィール

名前 :山城順一(やましろ・じゅんいち)
年齢 :58歳
職業 :警察官(沖縄県警・本部・地域課・警部)
住所 :沖縄県うるま市石川山城

罪状 :道路交通法違反(酒気帯び運転)

「山城順一」の顔画像

容疑者の顔画像については公開されていません。

「山城順一」のFacebookやTwitterなどSNSアカウント

容疑者のSNSアカウントは判明していません。

 

ネットの反応

事故もおこしてないから、懲戒免職にはならいだろうし退職金もでる。
たとえ懲戒免職になっても裁判おこせばアホな地裁がとりなしてくれる。
まさに日本はアル中天国。

取り締まる立場の警察関係者が飲酒運転するようでは無くなるはずのものが、無くなるわけがない。
実名公表の逮捕は当たり前にしても、懲戒免職にしないと我々国民は納得できない。毎度毎度「再発防止に努めます」と警察本部はコメントするが、いつになったら再発防止するのやら。税金から賄われている事を自覚していない何よりの証拠。

普通の人達が捕まるのより、警察が捕まった時は重い罪にしないと。
それ位の見本であって欲しい。

7倍分も呑んでおいて抜けてる感覚になるもんか?
普段から呑んでいる証拠でしょう。

最近では警察官の不祥事が当たり前のように報道されるようになりましたね。警察組織も所詮はサラリーマンと変わらないんですよね!良品も有れば不良品もって感じですかね。まぁ隠蔽しなくなっただけ少しはマシになったんですかね?

警察官、しかも警部までなって基準値の7倍の数値を出してしかも逆走しといて酒が抜けていると思ったと思うのがおかしい。シロウトでも判るぞ。定年まであと2年だったのに老後を棒に振りましたね。自業自得ですが・・・

 

最後に

またもや現役警察官による不祥事です。基準値の7倍の数値が出ているのに「酒は抜けていると思った」と容疑を認めないところが信じられません。

懲戒処分については報じられていませんが、懲戒解雇などにして税金から退職金が渡らないようにしてほしいです。

取り締まる側の権力ある警察官が犯罪を犯したら、一般人より重い罪にしてほしいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.