飲酒運転で事故し逃走「鈴木政満」巡査長が逮捕、上司も同罪⁉逃走動機や事故経緯は?

また警察官によるありえない不祥事が起きました。

上司と一緒にお酒を飲んだ後に飲酒運転を行い、物損事故を起こし逃走したとして岐阜県各務原市鵜沼羽場町の警察官(愛知県警・一宮警察署生活安全課巡査長)鈴木政満(すずき・まさみつ)容疑者(31)が逮捕されました。

鈴木政満容疑者の飲酒運転について事故経緯や逃走動機、上司は誰で罪に問われるのかまとめます。

飲酒運転で事故し逃走「鈴木政満」巡査長が逮捕

 飲酒運転で物損事故を起こして逃げたとして、愛知県警は12日、一宮署生活安全課巡査長鈴木政満容疑者(31)(岐阜県各務原市)を道路交通法違反(酒気帯び運転など)容疑で逮捕した。調べに対し、「仕事柄、飲酒運転がばれるのはまずいと思い、逃げてしまった」などと容疑を認めているという。

 発表によると、鈴木容疑者は11日午後9時30分頃、一宮市浅井町東浅井の県道で車を酒気帯び運転し、道路脇のガードパイプに衝突したが、車を放置して逃げた疑い。鈴木容疑者は11日夜、同課の男性上司と一宮市内の居酒屋で酒を飲み、署近くの駐車場に止めていた自分の車を運転して帰宅するところだった。

出典:読売新聞

 

事故の詳細

<写真:読売新聞>

事故の経緯

鈴木政満容疑者は11日午後5時ごろに仕事を終え、所属する生活安全課の上司に誘われて一宮署の近くの居酒屋で飲んでいました。

その後、近くのコインパーキングに駐車していた自身の車で自宅に向かいました。

 

帰宅途中の3.5kmほど走った11日午後9時半ごろ、愛知県一宮市の県道で道路左側のガードパイプに衝突する事故を起こしました。車は事故の衝撃で自走できないほどに大破してしまいました。

しかし鈴木政満容疑者は事故の通報などをしないまま、車を放置して事故現場から逃走しました。

 

事故現場の目撃者が110番通報を行いました。

そして一宮署の警察官が駆け付けて付近を捜索していたところ、現場から150mほど離れた路上にに座り込む鈴木政満容疑者を発見しました。

鈴木政満容疑者は警察に見つかり、その場から逃走しようとしましたが100mほど走ったところで取り押さえられました。

逃走動機

鈴木政満容疑者は調べに対して、

「仕事柄、飲酒運転がばれるのがまずいと思い逃げた」

と容疑を認めています。

警察の声明

現役の警察官が飲酒事故を起こしただけでなく、逃走したことについて

愛知県警の松田英視(まつだ・ひでみ)首席監察官は

「警察官がこのような事件を起こしたことは誠に遺憾」

「深くおわびし、厳正に対処する」

とコメントしています。

 

「鈴木政満」のプロフィール・顔画像・SNS

「鈴木政満」のプロフィール

プロフィール

名前 :鈴木政満(すずき・まさみつ)
年齢 :31歳
職業 :警察官(愛知県警・一宮署・生活安全課・巡査長)
住所 :岐阜県各務原市鵜沼羽場町

罪状 :道路交通法違反(酒気帯び運転)

「鈴木政満」の顔画像

現時点では鈴木政満容疑者の顔画像は公開されていません。

「鈴木政満」のFacebookやTwitterなどSNSアカウント

現時点では鈴木政満容疑者のSNSアカウントは判明していません。

 

一緒に飲んでいた上司について

鈴木政満容疑者は自身が所属する生活安全課の上司と飲んでいましたが、この上司は誰なのでしょうか。

また、部下が車で通勤していることを知っていたのでしょうか。

一緒に飲んでいた上司は誰なのか?

現時点では上司について、氏名や階級についても公表されていません。

鈴木政満容疑者は階級が巡査長なので、上司は巡査部長とかでしょうか。

<写真:警察官になるには.jp>

上司も飲酒運転の「飲酒運転幇助」に問われる!

飲酒運転については運転者だけでなく周囲の人にも罰則があります。

車を運転する人にお酒を進めたお店や、飲酒運転と知って同乗した人も「飲酒運転幇助」として罰せられますが、今回の場合は上司についてはどうなのでしょうか。

「普通に考えれば、上司も罰せられる可能性はあります。」

直属の部下であり一緒に飲みに行く仲で、普段の仕事でもコミュニケーションをとっていれば「鈴木政満容疑者が車で通勤している」ことを知っているのが普通だと考えられます。

車を運転することを知っていて一緒にお酒を飲んでいたならば「車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない」に違反していて、飲酒運転を容認したことになります。

とはいえ「知らなかった」と言い張るか「内部でもみ消す」可能性はありますが。

道路交通法「酒気帯び運転等の禁止」

第65条 第1項
何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。

第65条 第2項
何人も、酒気を帯びている者で、前項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがあるものに対し、車両等を提供してはならない。

第65条 第3項
何人も、第一項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない。

第65条 第4項
何人も、車両(トロリーバス及び道路運送法第二条第三項に規定する旅客自動車運送事業(以下単に「旅客自動車運送事業」という。)の用に供する自動車で当該業務に従事中のものその他の政令で定める自動車を除く。以下この項、第117条の2の2第6号及び第117条の3の2第3号において同じ。)の運転者が酒気を帯びていることを知りながら、当該運転者に対し、当該車両を運送して自己を運送することを要求し、又は依頼して、当該運転者が第1項の規定に違反して運転する車両に同乗してはならない。

引用:警視庁 - 飲酒運転の罰則等

 

ネットの反応

警察官の犯罪は一般人より もっともっと重くするべき!!
一番法律を破ってはいけない職業なのだから 破った代償は大きいですね。
毎日頑張って一般市民を守ってる警察官がこんな人と一緒にされたら可哀想。

懲戒免職処分ですね…飲酒運転で事故して逃走とは救いようがない。

何やってるの?警察って飲酒運転を取り締まる側だよね?一緒にお酒を飲んでた上司はどうなった?厳罰に処して欲しい。

取締る側がこんな事したらいかんでしょ。
もちろん酒飲んだら、車に限らず運転はNGですけどね!
自分が警察官だと言う事をしっかり自覚して欲しい物ですね。厳しい罰を期待しております

一緒に飲んでいた上司は車で来ていることを知っていただろうし運転も知っていたのだろうと思う。しかし、いつもの身内に甘い処分をするのだろうな。

幹部も何らかの処分を受けるべき!
取り締まる側がこれでは、呆れる。
警察官の不祥事はいい加減にして欲しい。

職業を問題視する以前に、飲酒運転するやつは一発免許剥奪+多額の罰金徴収しましょう。罪のない人達が、安全で税負担に悩まされない社会を望みます。

飲酒運転がバレるのがマズイんじゃなくて飲酒運転がマズイんですよ。バレなきゃ何やってもいいと思ってるんだろうな。

 

最後に

取り締まる側の警察官が飲酒運転をして事故を起こし逃走する不祥事が起きました。

警察官が罪を犯した場合は一般人より罰則を2倍にするなどしてほしいですね。

上司については報道でも全く触れられていませんが、どう考えても飲酒運転のほう助で同罪だと思うのですが、もみ消されるのでしょうか。

以上


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-社会
-, , , ,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.