【ラグビーW杯】法的措置発言でスコットランドの勝ち点がはく奪か?はく奪の影響とは?

ラグビーW杯で、日本がスコットランドを下し決勝トーナメントに駒を進め、大いに盛り上がっています。

決勝トーナメントを決めた試合は、台風19号の影響で当日まで開催されるか分からない状態でした。

 

スコットランドは日本に勝つことでしか、決勝トーナメントに進むことができない状況だったため、強く試合開催を求めていました。

スコットランド協会最高責任者のマーク・ドッドソン氏は、「試合が中止になれば、法的措置も考えている」と、ラグビーW杯大会運営陣の方針を非難しています。

 

法的措置発言でスコットランドの勝ち点がはく奪か?はく奪の影響とは?

この発言を受け、W杯の統括責任者のアラン・ギルピン氏は独立紛争委員会を立ち上げ、発言の問題について審議する方針を打ち出しました。

委員会を立ち上げて審議をするのはW杯始まって以来初めての出来事です。

 

あまりに異例の出来事から、スコットランドに対してペナルティが課せられる可能性があると、地元記者が語っています。

ペナルティの内容とは、「勝ち点のはく奪」が可能性として挙げられています。

 

予選ラウンド敗退が確定したスコットランドが、今更勝ち点をはく奪されたところで何か影響があるのでしょうか?

 

次回W杯の自動出場権が消滅する可能性

次回W杯の自動出場権は、その名の通り、「次回のW杯に自動的に出場できる」権利です。

自動出場権を持っていない国は、予選を勝ち抜いてW杯に出場しなくてはいけません。

 

次回W杯の自動出場権を取得するには以下の条件が存在します。

メモ

プール戦の各組上位3チームが次回の本大会出場権を手にできるシステム

 

各プールで上位3位のチームが自動的に次回のW杯に出場できるため、本来であれば、プールAの上位3チーム(日本、アイルランド、スコットランド)が獲得する予定です。

 

しかし今回のペナルティが実際に執行された場合には、プールAの4位だったサモアの点数を下回る可能性があります。

以下、プールAの試合結果

順位出場国試合数得失点差ポイント(勝ち点)
日本44005319
アイルランド43019416
スコットランド42026411
サモア4103-705
ロシア4004-1410

 

試合の結果から、7点以上の勝ち点がはく奪された場合、サモアが自動出場権を獲得する形になります。

 

スコットランドは強豪だから予選も余裕でしょ?

仮に出場権が取れなかったとしても、スコットランドは強豪チームなので、高い確率で予選を突破できるでしょう。

しかし、ラグビーというスポーツには怪我がつきものです。

 

予選で主力選手がケガで長期離脱したりすると、戦力的に大きな痛手となります。

 

何よりも、ティア1の強豪国であるにもかかわらず、ワールドカップ予選に出場することは、プライドに泥を塗るようなことになりかねません。

 

最後に

「口は災いの元」とは、まさにこのような状況のことをいうのだなぁと、感じさせられました。

 

紳士のスポーツとも呼ばれる「ラグビー」で、法的措置を示唆する脅迫のようなことを行うことは、運営側も看過できなかったのでしょう。

いずれにせよ、スポーツマンシップに欠ける行為だったことには間違いありません。

 

今後の動向に注目していきたいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-スポーツ
-,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.