ストリーマーStylishnoob、YouTuber恭一郎のいざこざまとめ

プロゲーマ、プロストリーマー集団「DeToNator」に所属しているストリーマー「StylishNoob」氏

現在はYouTuberをメインに活動している「恭一郎」氏

この2人の間で起きていたいざこざの経緯について調べてまとめていきます。

いざこざの経緯について

ことの経緯については上記の動画によくまとめられています。

①「恭一郎」氏は「釈迦(※)」氏に思い入れがあり、「StylishNoob」氏が「釈迦」氏よりも人気なのが許せない旨を配信で発言

②「StylishNoob」氏は、近しいながらも外部の人間が「DeToNator」メンバー間で対立するような発言をしてほしくないと反応

③内々でこの問題を治めようとしたが、「StylishNoob」氏が感極まり配信で名前を伏せて共演NGができたと発言

リスナーたちが共演NGは誰だと詮索が始まり、当事者以外で盛り上がる

参考

※釈迦とは

「DeToNator」に所属しているストリーマー

恭一郎氏とは、AVA時代からの付き合いで、ニコ生をしていた時からの友人

今回の騒動に巻き込まれた人

 

予想外に問題が大きくなり始め、「StylishNoob」氏がことの顛末をTwitterで報告します。

後日、生放送にて「恭一郎」氏へ、ことを大きくしてしまったことに対する謝罪と、禊として「丸刈り」の放送を開始します。

途中でバリカンの充電が切れるアクシデントに見舞われるも、騒ぎを大きくしたことに対する誠意を見せました。

生放送のクリップはこちら

同日、「恭一郎」氏も自身の発言で「StylishNoob」氏や周りの方に多大な迷惑をかけてしまったことに対する謝罪と、禊の「丸刈り」を生放送で実施します。

生放送のクリップはこちら

いざこざを払拭するために直対を申し込む

「StylishNoob」氏が全てのいざこざを払拭させるために、2chで有名なコピペを使い「恭一郎」氏に直対を申し込みます。

生放送のクリップはこちら

金掛けうんぬんのくだりは、コピペの引用で使われたもので、恐らく冗談だと思います。

直対については、PUBGという具体的な名前を出していることから、本気で実施しようと思っているのではないでしょうか。

 

「恭一郎」氏は挑戦状を叩きつけられた形になり、生放送で賭博になるので金掛けはできない旨と、PUBGでDUOをしてどっちがキルを多く取れるのか勝負してはどうかなど、直対については受ける意思の発言をされています。

 

今後、直対があるかは分かりませんが、対決の放送がある可能性は高いと思います。

最後に

両名ともに自身の非を認めており、騒動を治めようという意思を感じることができました。

リスナー側も詮索でことを大きくしすぎた点については、反省すべきことなのかもしれません。

いざこざを払拭するための直対はぜひ見てみたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-スポーツ
-,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.