水抜くTV番組で用水路の水を抜こうとしたら釣り人から抗議殺到、抗議内容や用水路の場所

手付かずの放置池などの水を抜いてゴミや外来生物を駆除し、きれいな環境に戻す大人気バラエティー番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦(テレビ東京系列)」を巡ってある問題が話題を集めています。

問題が起きているのは茨城県・潮来市で農業用水路の水を抜いて環境をきれいにしようとした所、バス釣りの愛好家たちが外来種の駆除に反発して、市役所に抗議電話が殺到しているのです。

今回は問題となっている用水路の場所や騒動の詳細をまとめます。

用水路の水を抜こうとしたら釣り人から抗議殺到

茨城県潮来市内ではバラエティー番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦(テレビ東京系列)」で、農業用水路の水を抜く撮影を控えています。

用水路の水を抜くことで、放棄されている粗大ごみを除去したり、外来生物を駆除することで環境がきれいになり風景を蘇らせることができるメリットがあります。

しかしそれを知ったバス釣りの愛好家たちが「外来生物(ブラックバス)」の駆除で自分たちの釣り場が無くなることに反発して、市役所に抗議の電話が殺到しているのです。

 茨城県潮来市内の農業用水路で10月、テレビ東京系のバラエティー番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」の撮影がある。

 市にとっては粗大ゴミを撤去し、バスなどの外来魚も駆除して水郷の原風景をよみがえらせる絶好の機会だ。

 だがバス釣りの愛好家たちは「外来種も生物」などとインターネット上で駆除に反発。市役所に抗議電話が相次いでいる。

出典:毎日新聞

 

用水路の場所

 今回の対象は、潮来市東部を流れる幅約7メートルの用水路約1・3キロの区間

 用水路は東関東道・潮来インター出口に近く用水路の前にある「道の駅いたこ」(潮来市前川)には、年間200万人以上とされる鹿島神宮(鹿嶋市)の参拝者らが立ち寄ることが多い。

「道の駅いたこ」前の用水路とのことで下の地図のあたりだと考えられます。

この用水路の1・3キロの区画に渡って水を抜くようです。

 

「潮来市」の考え

潮来市側が今回の企画についてどう考えているのかをまとめます。

潮来市側が用水路の水を抜きたい一番の理由は『用水路を浄化して観光船を運行させることで、観光客を呼び込んで街の賑わいにつなげる』ことです。

番組から話がある前から水路の前にある道の駅を発着する観光船の運航を検討していました。

用水路の前にある道の駅には年間200万人以上の観光客が立ち寄ります。

そんな時に番組から話があり「専門業者による水抜き費用はテレビ局側が負担する」というのです。

 用水路は東関東道・潮来インター出口に近く、用水路の前にある「道の駅いたこ」(潮来市前川)には、年間200万人以上とされる鹿島神宮(鹿嶋市)の参拝者らが立ち寄ることが多い。用水路は1級河川の前川に流れ込み、市街地へと通じているため、市は用水路を浄化して観光船を運航させ、道の駅の客に市街地まで来てもらいたい考えがある。

 市街地を流れる前川では、初夏と秋に手こぎの櫓(ろ)を使う「ろ舟」が往来している。市はさらなる街のにぎわいにつなげようと、道の駅を発着する観光船の運航を検討していたところ、番組収録の打診があったという。

 市や水路を管理する「潮来市土地改良区」は、家電製品などが不法に投棄されていると見込んでいる。このため、撤去作業は担当するが、専門業者による水抜き費用はテレビ局側が負担するという条件を快諾した。

これを聞くと市の考えは素晴らしいことだと思います。

環境がきれいになって観光客が増えて賑わえば街としても嬉しいことだと思います。

 

「釣り人たち」の考え

用水路の水を抜いて外来生物を駆除することに反発する釣り人たちの考えをまとめます。

釣り人たちが反発している最大の理由は「自分たちが楽しむための外来種がいなくなって釣り場が無くなってしまう」ことです。

釣り愛好家を名乗る人たちはネット上で次のように発言しています。

  • もう潮来には行かない
  • (釣り客が減って)飲食店に金が落ちず経済的な打撃を受ける

 ところが、番組の予定を知った釣り愛好家を名乗る人たちが、ネット上に「もう潮来には行かない」、「(釣り客が減って)飲食店に金が落ちず経済的な打撃を受ける」などと書き込んでいる。市には全国から200件以上の抗議メールや電話が寄せられているという。

悪質なクレーマーのように見えてしまいます。

もちろん全ての釣り人が同じだとは思いませんが、一部の釣り人(それも自称愛好家)のせいでイメージを悪くしていると思います。

 

ネットの反応

自分の楽しみの事しか考えてないから
苦情言ってる気がします

こういう抗議をする人は、バス釣りとカネのためならその地域の環境はどうなってもいいんだろう。

釣り人が来なくても、それ以上に観光客が来るようになれば、景観はよくなり環境もよくなり経済も潤う。一部の人の趣味と公序良俗、優先するのはどちらかなのは法的にも明白。個人の権利は重要だが、勘違いしてはいけない。

あの辺りが地元でよく知っていますがバス釣りで経済効果があるなんて思えません。
潮来駅は来春無人化になるんです。
そんなような町のどこが潤っているんでしょうか。

私もバス釣りをします。確かに、コンビニしか行かないし、お世辞にもマナーが良いとは言えないと思います。
実際に記事でバスを駆除すると聞いてショックでしたが、地元の方の考えがあるならしょうがないと思います。

抗議するのは結構だけど、外来魚で環境が壊されていることが今回の原因の一つでは?
自分達がいないと周りの店での購入などがなくなり寂れていくと主張してるけど、子供の勝手な言い分以外のなんでもないだろう。

 

抗議をしている釣り人への批判の声が多くを占めています。

やはりクレーマーの一種とみられています。

特に「自分たちがいなければ経済的な影響がある」という発言が批判を集めています。

よくお店でもありますが、自分たちをお客様とでも思っているのでしょうか。

 

最後に

バラエティー番組で農業用水路の水を抜こうとした所、釣り人から抗議が殺到しました。

ただ抗議内容がまさにクレーマーのそれで、賛同の声は見受けられません。

市役所の人はクレーマー対応が大変だとは思いますが、負けずに頑張ってほしいです。

以上


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-社会

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.