阪神・メッセンジャー選手が今季で引退へ。今までの活躍を振り返る。

阪神タイガース所属のベテラン投手「メッセンジャー」選手が今季で引退することが発表されました。

日本球界で大いなる活躍をしてきたメッセンジャー選手を今一度振り返っていきます。

 

メッセンジャー選手のプロフィール

【名前】ランディ・メッセンジャー

【生年月日】1981年8月13日(38歳)

【投打】右投げ右打ち

 

昨年、国内FA権を取得したことから外国人枠から外れました。

外国人枠とは

各球団は任意の数の外国人選手を支配下選手登録できる。ただし、出場選手登録(一軍登録)は4人まで、かつ投手または野手として同時に登録申請できるのはそれぞれ3人まで

 

日本球界では、1軍登録できる外国人の数が制限されています。日本で8年間、規定の出場条件を満たすと、この制限から外れることとなり、球団側としても選択の幅が広がります。

 

外国人枠を外れるということは、それだけ日本球界で活躍してきたということですから、阪神にとっては戦力的打撃は大きなものになります。

 

メッセンジャー選手を振り返る。

今まで長期に渡って活躍してきたメッセンジャー選手の残した伝説を振り返っていきます。

 

開幕投手通算6回

阪神で先発ローテを守っており、通算で6回の開幕投手も務めています。

開幕投手とは

野球が開幕した時に先発した投手のこと

各チームのエースが務めることが多い

 

上記より、開幕投手を6回務めていることから、阪神の大黒柱とも言える投手だったということです。

 

2回の最多奪三振と1回の最多勝利タイトル獲得

2013年、2014年に最多奪三振のタイトルを獲得しており、2014年に記録したシーズン226奪三振は、NPB(2リーグ分裂後)の外国人投手最多記録となっています。

2014年は最多勝利のタイトルも獲得しています。

メジャーの頃は中継ぎ投手でしたが、阪神に移籍後、先発に転向し才能を発揮させました。

 

他の選手にはないタフネスさ

通常の先発投手は中6日で投球することが多いです。

メッセンジャー選手は中5日や中4日で投げることが多い投手になっており、余りある体力でタフネス投手と呼ばれることが多いです。

2014年には全31試合の登板の内、中5日で15回、中4日で6回の登板しており、異常性が分かるかと思います。

それでも長期にわたって活躍してきた「タフネスさ」が特徴です。

 

メッセンジャー選手の「ヤバさ」

大黒柱と呼ばれた所以が、圧倒的な「投球数」でしょう。

シーズンを通して、通常の先発投手は多くて2700球前後となります。

しかし、メッセンジャー選手は3000球を越していることが多く、2013年から2016年の4年間は投球数が3000球を越し、投球数1位となっています。

 

ここまで投球数が多くなると、通常であればケガや疲労で離脱する可能性がありますが、メッセンジャー選手はシーズンを通して投げ切っています。

 

最後に

メッセンジャー選手は上記のような活躍以外にも、月間MVPを3回、日本シリーズ敢闘選手賞を獲得しています。

 

日本球界を大いに盛り上げてくれたメッセンジャー選手に感謝したいと思います。

お疲れさまでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-スポーツ
-,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.