好意を持った女性にストーカー行為 警察官「相山泰副」署長の詳細とは

富山県の警察官がストーカー行為をしたとして書類送検されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

富山県警は20日、好意を抱いた知人女性に付きまとったなどとして、ストーカー規制法違反の疑いで氷見署の相山泰副署長を書類送検し、減給100分の10(3カ月)の懲戒処分とした。相山副署長は同日付で依願退職した。捜査関係者によると「女性や組織に迷惑を掛け、大変申し訳なく思っている」と話しているという。

県警監察官室などによると、相山副署長は今年5月下旬から7月上旬までの間、知人の成人女性に対して複数の商業施設内で付きまとい行為をし、SNSアカウントの交換を持ち掛けたり、近づいて話し掛けたりするなどしたという。相山副署長は今年に入ってから女性と知り合ったとみられ、7月上旬に女性から県警に相談があった。

このほか、2016年~今年5月に業務目的外で警察のシステムを使い、知人の男女9人の個人情報を照会していたことや、つきまとい被害の女性とは別の女性との不適切交際も確認した。照会情報の外部への漏えいは確認されていないとしている。

島田久幸首席監察官は「幹部職員がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾であり、被害者と県民に深くおわび申し上げる。職員に対する指導を徹底し、信頼回復に努める」とコメントした。

出典:北國新聞

犯人の詳細について

写真未公開【名前】相山泰副

【年齢】50代

【性別】男性

【職業】警察官

書類送検されたのは50代男性の警察官「相山泰副」署長です。

警察官の男は、好意を持っていた女性にストーカー行為をしたとして書類送検されています。

他にも知人の個人情報を個人的な興味で照会していたことも判明しています。

事件の起きた場所について

【施設名】富山県警察 氷見警察署

【住所】〒935-0024 富山県氷見市窪300

事件は「〒935-0024 富山県氷見市窪300」で起きたようです。

ネット上の反応

過去5年にわたる不正な照会について、それまでなぜ見抜けなかったのか、そしてなぜそんな輩をそんな地位に押し上げたのか。
任命責任や監督責任はどうした?

誠に遺憾。職員に対する指導を徹底し、信頼回復に努める」とコメントした。

毎度お馴染みの台詞ですが指導徹底出来てないのは結果が全て!
元々無い信頼は回復のしようがないだろ
国民を守る警視様は害でしかないどうせ今に始まった事じゃねーだろ!こんな奴が長年警視として働ける職場は自由なんだろーな。

職業は全く関係ないと思います。普通に1発逮捕です。業務妨害も入ってますから。

減給処分では軽すぎない?年齢的にもあと数年で退職なら早期退職と変わらんやん。

最後に

警察官が正義の味方であるとはもはや思わなくなってきましたね。

警察官がストーカー行為をしたり、他人の個人情報を興味本位で見たりする事件は他にも見たことがあります。

このような事件を起こしても懲戒免職にはならないのが不思議ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,