切手約9400万円分を横領した郵便局員「細畑真佐樹」容疑者の顔が判明

東京都で郵便局員の男が切手を横領したとして逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

料金別納郵便の支払い手続きで使われる切手約9400万円分を金券ショップで換金して横領したとして、郵便局の元課長の男が逮捕されました。  東京・港区にある芝郵便局の元課長・細畑真佐樹容疑者(49)は2017年から2018年にかけて、切手約9400万円分を横領した疑いが持たれています。  警視庁によりますと、料金別納の郵便では代金を一括で受け取ると代金分の切手は消印を押したうえで処分する作業をしますが、細畑容疑者はこの切手を無断で持ち出して金券ショップで換金していました。  取り調べに対し、「換金した分は寄付するつもりだった」と容疑を認めています。  警視庁はこれまでに1億8000万円分以上の切手を換金していたとみて余罪を調べています。

出典:ANN

犯人の詳細について

【名前】細畑真佐樹

【年齢】49歳

【性別】男性

【職業】郵便局員

逮捕されたのは、郵便局員の男性「細畑真佐樹」容疑者です。

細畑容疑者は、切手役9400万円分を横領したとして逮捕されています。

金券ショップで換金を行ったようです。

容疑に対して「換金した分は寄付するつもりだった」と認めているようです。

事件の起きた場所について

【施設名】芝郵便局

【住所】〒105-8799 東京都港区西新橋3丁目22−5

事件は「芝郵便局」で起きたようです。

ネット上の反応

1億8千万も横領してれば、家族も行動を見て何かおかしいと思うだろう。
宝くじが当たったことにでもしていたのかな?


課長職なら年収1000万は有るだろうにまだお金が欲しいのかと思ってしまう、
みなさん年収500万くらいで普通の生活出来てるのにこの人は
何に必要だったのか?普通の生活が幸せだったと言うことをこれからの人生で
感じていくのでしょう。


金券ショップの場所はいくつか変えても換金したカネの振込先が同じで捕まったのか。
脱税から逆捜査され職場もやっと知ったということですかね。
長期にわたるので金額も大きくどんなに言い訳しても許されるものではない。


市役所とかでの横領は「お金を返せば刑事告発なし」になってるパターンが多いよね
今回の元課長は、郵政民営化前までの公務員意識が抜けなかったのかも…

最後に

郵便局の仕事内容まで分かりませんが、早い段階で他の郵便局員が横領に気付くことができなかったのでしょうか。

1億近い横領を行ってまで寄付を行いたかった理由も不明ですが・・・。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,