高齢男性ひき逃げし死亡させた高校校長「鳥居俊孝」が逮捕、顔画像やSNS判明?犯行動機や事件経緯は?

車で男性をはねて死亡させ現場から逃走したとして、鳥取県伯耆町に住む島根県立情報科学高校の校長・鳥居俊孝(とりい・としたか)容疑者(58)がひき逃げと過失運転致死の容疑で逮捕されました。

鳥居俊孝容疑者の事件について事件経緯や犯行動機、プロフィールや顔画像、SNSアカウントについてまとめます。

高齢男性ひき逃げし死亡させた高校校長「鳥居俊孝」が逮捕

 鳥取県警米子署は11日、軽乗用車を運転中に男性をひいて死亡させたのに声を掛けるなどの救護措置をせず、現場に来た警察官に事故を申し出なかったとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、島根県立情報科学高校長の鳥居俊孝容疑者(58)=鳥取県伯耆町=を逮捕した。「事故時には人だとは思わなかった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、9日午後6時10分ごろ、米子市別所の県道で、近くに住む農業前田好則さん(78)をひいて死亡させ、救護措置をせず警察にも届けなかった疑い。

 署は、前田さんがひかれる前に道路に倒れていたとみて調べている。

出典:共同通信

 

「鳥居俊孝」のプロフィール・顔画像・SNS

「鳥居俊孝」のプロフィール

プロフィール

名前 :鳥居俊孝(とりい・としたか)
年齢 :58歳
職業 :島根県立情報科学高校・校長
住所 :鳥取県伯耆町

「鳥居俊孝」の顔画像

鳥居俊孝容疑者の顔画像は報道されており判明しています。

「鳥居俊孝」のFacebookやTwitterなどSNSアカウント

鳥居俊孝容疑者のSNSアカウントは判明していません。

 

ネットの反応

すぐに救命措置をすれば、まだ違う結果になっただろうに…。
積み上げてきた教育者としてのキャリア,人生を”ひき逃げ”しかも”言い訳付き”でドブに捨てましたね。

人だと思わなかった。ひき逃げ犯の常套句。
ひき逃げした後に現場に帰って来られたという事は、ご本人も人を引いてしまったかも?と思われたんでしょう。

まさか道路に人が倒れているとは思わないし、暗くなってからのことだから少しだけ同情するが、何かに乗り上げた感覚があったならすぐに停止するべきだった。

ペットボトルを踏んだだけでかなりの衝撃音なのに、人が死亡するくらいなら物凄かっただろう。
普通の人は何かにぶつかれば車の状況を見に降りるだろうし、それができないのは人の認識があったことで怖くて見たくなかったに違いない。

人だとは思わなかったと言うが、戻ってきたと言うことは「人を跳ねたと“思いたくなかった”」のではなかろうか。
パニックになってしまったのかもしれないが、立ち去るのはまずいよ。
跳ねた時点で即座に救護措置をとることで助かっていたかもしれない。

 

最後に

 

以上


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , , ,

Copyright© DailyNews24 , 2021 All Rights Reserved.