ガードレールに落書きして逮捕 中学校教諭「山口勝久」容疑者の詳細とは

ガードレールに落書きしたとして中学校教師が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

神奈川・平塚市で31日朝、ガードレールに落書きをしたとして、秦野市内の公立中学校に勤める教員の男が現行犯逮捕されました。  現行犯逮捕されたのは、秦野市内の公立中学校の教員・山口勝久容疑者(61)で、31日午前5時半ごろ、平塚市内のガードレールに油性ペンで落書きをした疑いがもたれています。  市内では、今年に入ってからガードレールや標識などに落書きされる同様の事件が相次いでいて、警察が周辺を警戒していたところ、山口容疑者が犯行に及んだということです。山口容疑者は「落書きをしたことは間違いありません」と容疑を認めていて、警察は余罪があるとみて調べています。  教員の逮捕を受けて、神奈川県教育委員会は「今後の捜査状況を踏まえ、事実を確認したうえで厳正に対処してまいります」とコメントしています。

出典:JNN

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】山口勝久

【年齢】61歳

【性別】男性

【職業】中学校教諭

逮捕されたのは、61歳の男性教師です。

男は、ガードレールに油性ペンで落書きしたとして逮捕されています。

警戒中の警察官に取り押さえられたようです。

容疑者の勤務先とは

【住所】神奈川県秦野市の公立中学校

容疑者は「神奈川県秦野市」の公立中学校で起きたようです。

事件の起きた場所について

【住所】神奈川県平塚市

事件は「神奈川県平塚市」で起きたようです。

ネット上の反応

警察に張り込まれている中での現行犯逮捕。言い逃れ出来ませんよね。それにしても今年に入ってから複数回やっていたとすると、何か心の闇でも抱えていたのでしょうか。教育現場もストレスが溜まるみたいですし。


教師になられる前に、一度一般企業に数年お勤めされてから教師になると言う仕組みに出来ないのかなとはつくづく思います。少し世間一般の常識が欠けている人が多い気がします。一般的な社会人生活を経験し、人として社会通念上大丈夫な人が教師として採用されるとした方が良いと思います。


事件を起こした者より、これを批判する人物の言葉使いをはじめ、その人格の貧しさを感じる。いつの間に、こんな日本人増えたんだろうか。まずは各人の生き方を疑う。


61歳の教員というと、定年を迎えての再雇用ですね・・・
校長や教頭の管理的な役職に就くのが55歳ぐらいからですから、
それが叶わないままに心の闇をかかえてしまったのでしょうか・・・
勝手な推測に過ぎませんが・・・

最後に

こどものいたずらのようなことで教師が逮捕されるのは悲しいですね。

学校でのストレスを発散していたのかもしれませんが、他にも方法があったと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , , ,