歌舞伎町洋食店店長「布目一将」の顔が判明 高級酒を嘘で仕入れ転売

東京都で高級ブランデーなどを転売したとして、洋食店の店長が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

東京・歌舞伎町の洋食店の店長が自ら仕入れた高級ブランデーなどを転売して約130万円を横領したとして逮捕されました。被害総額は1500万円に上り、店は閉店したということです。  布目一将容疑者(41)は2014年8月ごろ、店長として勤務していた新宿区歌舞伎町の洋食店で自ら仕入れた高級ブランデーなど12点を転売して約130万円を横領した疑いが持たれています。警視庁によりますと、布目容疑者は店の経営者の男性に対して「キャバクラなどに出前を注文してもらうため、手土産として発注する」と嘘の説明をして酒を仕入れていました。布目容疑者は2014年に開店した当初から仕入れた酒の転売を繰り返し、被害総額は1500万円に上るということです。店は、この仕入れが原因で閉店したということです。取り調べに対し、布目容疑者は「生活費のためだった」などと容疑を認めています。

出典:ANN

犯人の詳細について

【名前】布目一将

【年齢】41歳

【性別】男性

【職業】洋食店店長

逮捕されたのは、歌舞伎町で洋食店の店長をしている男性「布目一将」容疑者です。

布目容疑者は、経営者の男性にうその説明をし、酒を仕入れて転売したとして逮捕されています。

被害総額は1500万円に上っているようです。

容疑に対して「生活費のためだった」と認めているようです。

事件の起きた場所について

【住所】東京都新宿区歌舞伎町

事件は「東京都新宿区歌舞伎町」でおきたようです。

ネット上の反応

経理担当はどうなっとったのか。

普通に年単位でバレてないのであれば経営者的にもダメだろ。ちゃんと抜き打ちでチェックしないと足元掬われるよ。しかも新宿なんだし。

本人はもちろんだが、説明を鵜呑みにして確認しなかった経営者にも問題があるのでは。

一緒に働く従業員の生活を考えない、守る覚悟もない人間を責任者にすべきではないね。任命した会社にも責任がありますから。

手土産として渡していたと言う嘘の証言が通るのなら、それを横流ししただけで、経営がおかしくなるとは思えないが。

最後に

歌舞伎町には高級ブランデーを手土産にする店があることにもびっくりしました。

店の経営が傾くほどの手土産を買うことに疑問を感じなかったのかも不思議ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.