覚せい剤を所持していた小学校校長「楠田千晴」の勤務先が判明 自身が使用するために所持か

兵庫県で小学校の校長が覚せい剤を所持していたとして逮捕されています。

逮捕された校長の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

兵庫県香美町の小学校の校長が、自宅で覚醒剤を所持していたとして、警察に逮捕されました。

覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは、香美町立香住小学校の校長、楠田千晴容疑者(54)です。
警察によりますと別の薬物事件の捜査の過程で、楠田校長が密売人から覚醒剤を譲り受けた疑いが浮上したため、12日朝、自宅を捜索したところ、置いてあったかばんの中に、微量の覚醒剤が入ったポリエチレン袋1袋が見つかったということです。
楠田校長は容疑を認め調べに対し、「使うために持っていたもので間違いありません」と供述しているということです。
警察は、楠田校長が覚醒剤を使用していた疑いがあるとみて、入手経路などについて詳しく調べることにしています。

【香美町教育委員会 “事実関係確認中”】
香美町教育委員会によりますと、楠田校長は、教育委員会のこども教育課長を経て、ことし4月から香住小学校の校長を務めていたということです。
香美町教育委員会は「校長が逮捕されたことは承知しています。現在、詳しい事実関係を確認しています」と話しています。

出典:NHK NEWS WEB

犯人の詳細について

写真未公開

(調査中)

【名前】楠田千晴

【年齢】54歳

【性別】不明

【職業】小学校校長

逮捕されたのは、兵庫県で小学校の校長先生を務めていた「楠田千晴」容疑者です。

楠田容疑者は、覚せい剤入りのポリエチレン袋を所持していたとして逮捕されています。

密売人から譲り受けた疑いで家宅捜索して判明したようです。

容疑に対して「使うために持っていたもので間違いありません」と認めているようです。

事件の起きた場所について

【施設名】香美町立香住小学校

【住所】〒669-6544 兵庫県美方郡香美町香住区香住1595−9

逮捕された小学校校長は「香美町立香住小学校」の校長を務めていたようです。

ネット上の反応

もうやめてくれと思う。

クロ現で言っていたが、不祥事で懲戒免職になった教員の数が過去最高だとか。真面目に働いている全国の教員がこのような一部の人間のせいで色眼鏡で見られる。しかも、学校の長である校長が。

教育は国の発展を支える需要な役割を担う。そのような認識がない教員は自ら去ってくれ。

校長がこれでは、教員にも児童にも示しがつかないね。
職場がそれ程ストレスだったのなら、道を踏み外す前に早期退職して、セカンドライフを歩めば良かったね。

この校長は、自分で切り開いてきた自分の人生を覚醒剤で終わらせてしまったね。
これはどう見ても懲戒免職になると思います。いくら校長とはいえ、犯罪者に多額の退職金も払う必要はないですね。
しかし覚醒剤なんて売人は、反社会的勢力の人たちだと思うけど、どこでそんなことになってしまったのか、知りたいと思います。
しかし教職に就く人が、こんなことになるなんて残念でなりません。

小学校校長先生が覚醒剤、考えれないこの先生は子供たちに。
何を教えるのか、考えただけでも嫌になる。
何十年も先生をしていたわけですね、恐いです。
どうせ先生は出来ないでしょう、これで子供たちの安全は守れました。
そのまま捕まっていなかったら子供たちに危険に合わせなくて良かったですね。

最後に

小学校の長である人材が、覚せい剤関連で逮捕されるのは教育にもよくないですね。

生徒に対して模範的行動をしていくことが求められる教師という存在が逮捕されるのは悲しい事です。

販売経路を特定して、一網打尽にしてほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.