高知県職員、飲酒・スピード違反で逮捕「影山龍彦」の詳細とは?「今日は飲んでない」

高知県の県職員が飲酒運転とスピード違反をして逮捕されています。

逮捕された職員の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

高知県安芸土木事務所の主幹・影山龍彦容疑者が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。 影山容疑者は22日午後7時ごろ、安芸市西浜の市道を乗用車で走行中スピードの出しすぎで巡回中のパトカーに停止を求められました。 その際、呼気1リットル中0.15ミリグラムの基準値を超えるアルコール分が検出され現行犯逮捕されました。 警察によりますと影山容疑者は「昨日は飲んだがきょうは飲んでいない」と話しています。 高知県の君塚明宏総務部長は「事実関係を調査して厳正に対処する」としています。

出典:高知さんさんテレビ

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】影山龍彦

【年齢】44歳

【性別】男性

【職業】高知県職員

逮捕されたのは、高知県職員の男性「影山龍彦」容疑者です。

影山容疑者は、スピード違反で警察に停止させられ、呼気から基準値を超えるアルコールが検知されて逮捕されています。

容疑に対して「昨日は飲んだがきょうは飲んでいない」と話しているようです。

事件の起きた場所について

【住所】高知県安芸市西浜

「高知県安芸市西浜」の市道で逮捕されたようです。

ネット上の反応

いつ飲んだかではなく、酒酔い状態かどうかが問題。何故アルコールが駄目なのか?正常な判断が出来なくなり事故に繋がるからだろうが!その判断が出来ない時点でアウトです。

ゴネたり、上手く言い逃れた人が得するのはおかしい。
あくまでも運転時のアルコール度数が、運転の危険度に関係してくるのだから。
知事の裁断にもよるかも。毅然と出来る知事とうやむやになるタイプと。今までも飲酒で検挙された人全員が、懲戒免職ではないだろう。

巡回中のパトカーに捕まるくらいだから、相当ぶっ飛ばしていて、しかもパトカーにも気づかない状態なんだよね、飲酒関係なくNGでしょ。
日本は酔っぱらってたのが悪いことをしてもいい理由になるおかしな世界。運転だけではなく、酔っぱらったせいでやったことはもっと厳罰にするべき。

飲酒運転で速度超過
これで人身事故でも起こせば 一生は終わっていた
捕まったことを感謝すべきだ
周囲の目は厳しいが 本人次第では周囲も受け入れてくれるだろう

最後に

基準値を超えている以上、いつ飲酒したかは正直関係ないと思います。

とはいえ、昨日飲んだアルコールが次の日の午後7時まで残るものなのでしょうか?

スピード違反で現行犯逮捕されている時点でどうかと思いますが…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.