飲み屋の休業に腹を立て電灯破壊「中川文夫」が逮捕、顔画像やSNS判明?犯行動機や事件経緯は?

新型コロナウイルスの影響で飲み屋が休業して開いていないことに腹を立て、団地の電灯をたたき割ったとして、北海道江別市大麻園町の無職・中川文夫(なかがわ・ふみお)容疑者(76)が器物損壊の容疑で逮捕されました。

中川文夫容疑者の事件について事件経緯や犯行動機、プロフィールや顔画像、SNSアカウントについてまとめます。

飲み屋の休業に腹を立て電灯破壊「中川文夫」が逮捕

 北海道江別市大麻園町にある共同住宅の門灯を破壊したとして、江別市大麻園町の無職・中川文夫容疑者76歳が器物損壊の疑いで逮捕・送検された。

 25日夜、中川容疑者が門灯を破壊しているところを目撃した近所の住人が通報し、駆けつけた警察官により現行犯逮捕された。警察によると、中川容疑者は事件前に知人と酒を飲んでいて、逮捕時は酒に酔っていたという。

 中川容疑者は「コロナで飲み屋が閉まっていたからイライラした」と容疑を認めている。この共同住宅では別の門灯も複数破壊されていて、警察では余罪も含め、調べを進めている。

出典:STVニュース北海道

 

「中川文夫」のプロフィール・顔画像・SNS

「中川文夫」のプロフィール

プロフィール

名前 :中川文夫(なかがわ・ふみお)
年齢 :76歳
職業 :無職
住所 :北海道江別市大麻園町

「中川文夫」の顔画像

中川文夫容疑者の顔画像は報道されておらず判明していません

「中川文夫」のFacebookやTwitterなどSNSアカウント

中川文夫容疑者のSNSアカウントは判明していません。

 

ネットの反応

本当に恥ずかしい話。
年齢とともに、人格も向上していくと思ったが、
低下していく人もいるのですね。

高齢になるとガマンが出来ません=自己制御が出来ません。
車の事故しかり、対人トラブルしかり、
まさに老害。
厳罰な対処をお願いしたい。

コロナは関係ないね。
普段からちょっとした事で切れるジジイなんだろうよ
器物を壊す前に石に自分の頭でも打ち付けてみたらどうだい

このような「直接攻撃」してくる人間がいちばん怖い。
防犯カメラなど「証拠」が無ければ犯行を必ず否認するもんな。捕まって良かった。

自分の思い通りにならないから、物に当るって幼児のすることでしょ。
酒呑んで何か変わるか?

 

最後に

 

以上


 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.