劣化バンクシー?109のシャッターに落書きをした男「山田庸貴」の顔が判明!

東京・渋谷のファッションビル「109」のシャッターに落書きしたとして逮捕されています。

逮捕された自称・デザイナーの男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で臨時休業中のファッションビル「SHIBUYA109」にスプレーで落書きをしたとして、自称デザイナーの男が警視庁に逮捕されたことが分かりました。

 器物損壊の疑いで現行犯逮捕されたのは、東京・稲城市の自称デザイナー・山田庸貴容疑者(38)で、27日午前0時40分頃、渋谷区道玄坂の「SHIBUYA109」のシャッターに赤色のスプレーで落書きをした疑いがもたれています。

 捜査関係者によりますと、通行人の男性(30代)が落書きをしていた山田容疑者を追いかけながら通報し、およそ300メートル先の路上で駆けつけた警察官が身柄を確保しました。山田容疑者は、外出自粛の影響で人気のなくなった夜間のタイミングを狙ったとみられ、取り調べに対し、「元々の落書きが気にくわなかったので上書きした」と容疑を認めているということです。

出典:JNN

犯人の詳細について

【名前】山田庸貴

【年齢】38歳

【性別】男性

【職業】自称・デザイナー

逮捕されたのは、東京・稲城市の自称デザイナーの男「山田庸貴」容疑者です。

山田容疑者は、コロナウイルス拡大の影響で閉店していたファッションビル「SHIBUYA109」のシャッターに落書きしたとして逮捕されています。

容疑に対して「元々の落書きが気にくわなかったので上書きした」と供述しています。

 

犯行現場を通行人に見られ、通報されたことで逮捕につながっています。

描かれた落書きはとてもデザイナーとは思えないようなものでした。

店側としては迷惑以外の何物でもないです。

事件の起きた場所と謎の落書きについて

【施設名】SHIBUYA109

【住所】〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目29−1

落書きされたのは渋谷のファッションビル「SHIBUYA109」のシャッターです。

問題の落書きは赤色の部分で、文字の様な形となっています。

恐らく通報されたからなのか、描かれている途中のようにも見えます。

とはいえアートとは程遠い出来だと思いますが・・・。

ネット上の反応

通報した人偉いね!
便利なツールがたくさんある時代、どんどん悪を取っ捕まえて人の迷惑になる行為が起こせない世の中になってほしいな!

本物のデザイナーなら、こんな事しないよ。
デザイナーは、クライアントからギャラを
貰って、デザインするんだよ。

落書きして満足してるヤツが
デザイナーを名乗るな。

落書きに評価と価値が付くのは
アーチストと呼ばれる天才だけだ。

なんか、2~3年前にヨーロッパにあった
キリスト画を修復して余りの下手くそさに
世界中から批判を受けたおばちゃんも、デザイナーって言ってたな!
あれじゃ、そこら辺のチーマーが落書きしたのと一緒です!

最後に

コロナウイルス拡大の影響で休業を余儀なくされている最中、誰も得しない落書きでさらに店を困らせるという最低の行為だと思います。

38歳にもなってやっていい事と悪い事の区別が使いのかと思ってしまします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.