SNSでJKになりすまし、強制性交未遂をさせた「奥瀬智成」の詳細とは?

SNSで女子高生になりすまし、「無理やり襲ってください」と書き込んだ男が逮捕されています。

SNSの書き込みを見た35歳の男が本人であると信じ込み、後ろから抱き着くという事件が起きています。

女子高生になりすました男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

知人の女子高校生になりすまして「無理やり襲ってください」とSNSでメッセージを送り、性的暴行をそそのかしたとして、京都府警は19日、京都市右京区西京極畔勝町の会社員奥瀬智成容疑者(26)を強制性交等未遂容疑で逮捕し、発表した。奥瀬容疑者は「無視されるようになったので、やった」と供述しているという。

 右京署によると、奥瀬容疑者はスポーツクラブで知り合った女子生徒になりすまし、SNSで「無理やり襲ってください」などとメッセージを送信。信じ込んだ下京区の男(35)に2018年10~11月、女子生徒を2度、襲わせた疑いがある。女子生徒が抵抗したため、性的暴行は未遂に終わったという。

引用元:朝日新聞デジタル

犯人の詳細について

写真未公開

【名前】奥瀬智成

【年齢】26歳

【性別】男性

【職業】不明(会社員)

逮捕されたのは、「奥瀬智成」容疑者です。

被害者の女子高生とは、スポーツクラブで中学生の頃にコーチとして知り合ったようで、「デートしよう」と誘いをかけていたようです。

女子高生とは、LINEやツイッターで交流しており、女子高生の名前や住所を伝えていたそうです。

 

犯行の動機としては、誘いを無視されたことに腹を立てたことによるものです。

奥瀬容疑者は無いプライドを貶されたことに腹を立てたのでしょう。

他人の手を使って女子高生を傷つけようとする最低の人間です。

 

SNSの書き込みを真に受ける35歳の男も、犯罪の意識が欠如しています。

他にも被害を出さないためにも粛正すべきだと考えます。

最後に

被害を受けた女子高生は、未遂には終わったものの、知らない男性に抱き着かれて本当に怖かったかと思います。

相手にされなかったからと言って、面識のない男性をけしかけて強制性交させようとした男は、最低の人間です。

また、SNSの書き込みを真に受けて女子高生を襲おうとした男も、騙されたとはいえ最低の人間に変わりはありません。

性犯罪者は去勢するなど、罪を重くする必要がありそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-社会
-,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.