免許取得したことが無い72歳、車でJKをはねて逮捕。犯人の詳細について

昨今、高齢者による自動車の事故が多発しています。

そんな中、生涯一度も運転免許証を取得したことが無い72歳の男性が、16歳の女子高生を車ではねて逮捕されています。

被害者の女子高生は、軽いけがで命に別状は無いということです。

以下、報道の内容

車で自転車の女子高生をはねてケガをさせたとして、72歳の男を逮捕。男は「免許を取ったことがない」と供述しています。

 24日午前8時ごろ、名古屋市千種区春岡通5丁目で自転車で道路を渡っていた16歳の女子高生が、軽乗用車にはねられました。女子高生(16)は左足に軽いケガをしました。

 通報を駆け付けた警察官が調べたところ、軽乗用車を運転していた昭和区の自営業・華山義夫容疑者(72)が無免許だったことがわかり、その場で無免許過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

 華山容疑者は「免許を若い頃から取ったことがない」と供述していて、警察は50年以上無免許運転を続けていた可能性もあるとみて調べています。

引用元:東海テレビ

女子高生をはねた犯人について

写真未公開

【名前】華山義夫(はなやま よしお)

【年齢】72歳

【性別】男性

【職業】自営業(名古屋市昭和区)

【罪名】無免許過失運転致傷

事故を起こした72歳の男性は「華山義夫」氏です。

華山氏は、名古屋市昭和区で自営業を営んでいることが分かっています。

写真等は公開されていないため、今後分かり次第更新していきます。

参考

【無免許過失運転致傷】とは

無免許運転では、道路交通法117条2の2第1号に規定されている刑事罰(3年以下の懲役又は50万円以下の罰金)を受けます。

過失運転致死傷は、7年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金に処せられます。

無免許過失運転致死傷では、

事故の詳細

事故の現場の詳細は以下の通りです。

【住所】〒464-0847 愛知県名古屋市千種区 春岡通6丁目1−1

上記住所の交差点を自転車で横断していたところ、自動車にひかれたようです。

道路は片側2車線の道路と、一方通行の細い道路が交差する場所となっています。

最後に

事故を起こした老人は、50年以上無免許で運転していた可能性もあり、非常に危険な状態が続いていたそうです。

一歩間違えれば、若い命を無くしていた可能性もあります。

ここまで高齢になっても、免許の重大性が分かっていないのは非常に悲しいです。

ともかく、被害者の命に別状は無くて良かったです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, ,

Copyright© DailyNews24 , 2020 All Rights Reserved.