二瓶文隆(にへいふみたか)って誰?【顔画像・経歴・選挙実績】税理士として違法行為の疑いあり?

先日、N国党の立花孝志党首が脅迫容疑で二瓶文徳(にへいふみのり)氏に訴えられたことを紹介しました。

そして二瓶文徳氏がどんな人物であるのかを経歴と合わせてまとめました。

今回は二瓶文徳氏と共にN国党と揉めている父親、二瓶文隆(にへいふみたか)氏についてみていきたいと思います。

立花氏は二瓶文隆氏が税理士として違法行為を行っていたと発言しています。

二瓶文徳の父親である二瓶文隆とはどんな人物なのか経歴をまとめます。

二瓶文徳(にへいふみのり)って誰?【顔画像・経歴】二瓶親子はなぜN国と揉めている?

続きを見る

二瓶文隆氏のプロフィール

二瓶文徳氏は現職の東京都江東区議会議員です。

税理士・行政書士としても活動されているようです。

<引用:江東区議会>

二瓶文隆(左)、二瓶文徳(右)の選挙演説

プロフィール

名前   :二瓶文隆(にへいふみたか)
生年月日 : 1958年5月3日
年齢   :61歳

所属   :東京都江東区議会
当選   :2019年4月14日
党派   :【元】NHKから国民を守る党【元】自由民主党
【元】区民政党中央みらい【元】日本維新の会

所属会派 :あたらしい・維新・未来会議
所属委員会:所属委員会、企画総務委員会、議会運営委員会
清掃港湾・臨海部対策特別委員会

門前仲町・月島の税理士と言えば税理士法人アクティブ
門前仲町・月島の税理士と言えば税理士法人アクティブ

Twitter(@NiheiFumitaka)もやっています。

経歴

【2019年4月14日】

・NHKから国民を守る党の公認で江東区議会議員選挙に出馬
・2,880票獲得し初当選

【2019年6月29日】

・NHKから国民を守る党を離党

過去の選挙実績

過去の選挙実績についても調べました。

所属政党が度々変わっているのが気になりますが、政治家ってそんなものなのでしょうか。

過去の選挙実績

■和歌山県議会議員選挙 海南市・海草郡選挙区 (2015年04月12日)

・【落選】得票数:3,847 票
・日本維新の会

■第23回参議院議員選挙 比例区全国比例区(2013年07月21日)

・【落選】得票数:7,637票
・日本維新の会

■中央区長選挙 (2011年04月24日)

・【落選】得票数:5,608 票
・区民政党中央みらい

■中央区議会議員選挙 (2007年04月22日)

・【当選】得票数:662 票
・自由民主党

■中央区議会議員選挙 (2003年04月27日)

・【当選】得票数:936 票
・自由民主党

■中央区議会議員選挙 (1999年04月25日)

・【当選】 得票数:716 票
・無所属

 

二瓶文徳・二瓶文隆親子がN国党と揉めている理由

別記事で紹介していますので参照ください。

二瓶文徳(にへいふみのり)って誰?【顔画像・経歴】二瓶親子はなぜN国と揉めている?

続きを見る

二瓶文隆氏は2019年2月江東区議会議員選挙でNHKから国民を守る党の公認を得て選挙に当選しました。

しかし当選した直後に正当な理由も告げず、党の活動もしないまま突然離党の申し出があったようです。

N国党の名前だけを利用して当選し、有権者の意思を無視して身勝手に党から抜けたのです。

結局離党は認められず「除名処分」となりました。

 

二瓶文隆氏は税理士として違法行為をしていた?

立花氏は自身のYouTubeに『裏切り者の二瓶文隆【江東区議】の税理士資格を奪います。』と題した動画をアップしています。

内容を簡単にまとめると。

江東区議会議員(二瓶文隆)の違法行為を見つけている。

会計に関する違法行為を発見している。

税理士の資格を剥奪すべく動いていく。

具体的な違法行為について

具体的な違法行為については次のように述べています。

【違法行為①】

二瓶文隆氏は「登録政治資金監査人」という資格を持っている。

税理士・弁護士・公認会計士しか資格を取得できない。

二瓶文隆氏はN国党の政治資金監査人を担当していた。

政治資金監査人は監査報告書を作成する前に現場に行かないといけない規則がある。(現場=監査する政治団体の事務所、N国党は船橋市)

現場では帳簿の確認、領収書の保管確認を行わなければならない。

しかし二瓶文隆氏は監査報告書の作成の際に一度も現場に来ず、勝手に監査報告書を作成した

【違法行為②】

二瓶文隆氏は立花氏の会社の決算も担当していた。

二瓶文隆氏本人ではなく常に息子の二瓶文徳氏が会社に来ていた

二瓶文徳氏(息子)については税理士の資格を持っていない。

二瓶文隆氏が無資格の二瓶文徳氏(息子)に業務を行わせている疑いがある。

これらのことから立花氏は『税理士会へ懲戒請求』を行うとしています。

 

最後に

二瓶文徳の父親である二瓶文隆がどんな人物なのか経歴をまとめました。

親子そろってN国党の名前を利用して当選してすぐ辞めて、法律では問題ないでしょうが人間的にどうかと思います。

いつかの選挙でも野党が票を集められないので無所属で出馬し、当選したら野党に入党するという詐欺まがいのことをしていました。まさに同じことだと思います。

以上


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-政治
-, , ,

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.