【2019年】東京ヤクルト・山田哲人のHR遍歴と盗塁成功率がすごい。

山田哲人選手が、8/31に今シーズン第32号のホームランを放ち、33本のホームランを打っている、巨人・坂本選手とDeNA・ソト選手に1本差まで近づいています。

今シーズンのホームランランキングの遍歴と、山田選手の個人成績についてまとめていきます。

 

東京ヤクルト・山田哲人のHR遍歴

現在HRランキング上位3名を月別で確認していきます。

巨人・坂本選手DeNA・ソト選手ヤクルト・山田選手
4月7本11本7本
5月10本4本5本
6月5本8本8本
7月7本4本4本
8月4本6本8本
33本33本32本

 

7月時点では坂本選手29本、ソト選手27本、山田選手24本と大きく差が開いていました。

坂本選手、ソト選手の両名に言えることは、10本を超えるHRをひと月で打っていることです。

8月の山田選手は、8本のHRを打っており、毎月コンスタントに数を稼いできました。

 

他の2名に比べてひと月に大量HRを打つということはないにしろ、毎月コンスタントに数を稼いできました。

 

そのかいあって、現在3位に名を連ねており、4度目のトリプルスリーに向けて猛チャージしています。

 

山田選手の凄いところは、盗塁成功率

山田選手の凄いところはHRだけじゃありません。

盗塁の成功率がもはや神レベルの領域で行っています。

 

その成功率は「100%」。今シーズンに入って一度も失敗していません。

しかも盗塁の数が32回と、セ・リーグトップの成績を誇っています。

 

盗塁32回連続成功はプロ野球記録となりました。

 

2位との差は4回もあり、盗塁王も視野に入っています。

昨シーズンからは37盗塁連続成功しており、手が付けられない状態になっています。

 

もちろんバッテリーは、盗塁を最も警戒する選手として対応しているでしょうが、警戒されても成功させています。

 

盗塁数リーグ1位の背景には選球眼の良さがある

現在盗塁数セ・リーグトップですが、他にもセ・リーグトップの成績があります。

それは四球の数です。

 

山田選手は四球数が98回と、トップの回数です。2位との差は12回とずば抜けて四球の数が多いです。

その背景には、選球眼の良さはもちろんのこと、強打者だからこそ敬遠の回数が多かったり、厳しいコースをついてくるということです。

四球が多ければ、盗塁する機会も増えるわけですから、トップの成績を誇っているのも頷けます。

 

4回目のトリプルスリーは行けそうか?

不可能ではないですが、普通の選手であれば厳しいでしょう。

トリプルスリーに到達していないのは打率で、.277と伸び悩んでいます。

 

残り19試合で33本程度のヒットが必要になってきます。

残りの試合を4割近い打率で乗り越えれば3割に到達するでしょう。

 

普通の選手であれば厳しいですが、なんにせよトリプルスリーを3回達成している選手ですから、可能性はあります。

 

最後に

今シーズンは、HR王・盗塁王の可能性が見えてきました。

トリプルスリーは厳しい状況ですが、可能性はあります。

 

足が速くてHRも打てる、相手チームからすればこれほど厄介な選手はいないでしょう。

 

このまま4度目のトリプルスリーに向けて走り抜けてほしいですね!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-スポーツ
-

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.