【電子タバコ】WHOが有害と判断。世界では規制の動きも・・・【IQOS】

 

今、有害物質を減らしたタバコとして、日本でも人気を博している「電子タバコ」

最近では「IQOS」や「glo」を吸っている方々もよく見かけるようになりました。

 

しかし、世界保健機関(WHO)は電子タバコについて、「間違いなく有害」と表明した。

 

電子タバコって?

電子タバコの火付け役となった「IQOS」で説明していきます。

iQOSの技術は、ヒートスティック内の高品質かつ特別ブレンドのたばこ葉部分を、燃やすことなく、正確に制御された温度の範囲で加熱し、味わい豊かな体験を生み出します

紙巻たばこの喫煙から得られる味わいを再現できると同時に、燃やさず加熱することにより、煙が出ず、灰が出ず、紙巻たばこの煙に比べてにおいも少なくなっています。

引用元:フィリップモリス・ジャパン

 

「IQOS」は従来のタバコを、ヒートブレードに差し込み、

葉っぱが燃えない程度に加熱することで、発生する水蒸気を吸い込むという仕組みになっています。

 

葉っぱが燃えないので、発がん性物質が「9割削減」することができたとの説明があります。

 

喫煙者からよく聞くのが、「タバコの代わりにはなる」という声です。

筆者も一時期電子タバコを吸っていましたが、「独特のにおいがあるものの、代わりにはなる」という印象でした。

 

WHO「間違いなく有害」

 

タバコの代替品として人気を博している電子タバコだが、WHOは有害と判断しているようです。

 

電子タバコについての具体的な数値等は計測できていないそうですが、有害であることには間違いないとのことでした。

 

電子タバコの立ち位置としては、紙タバコの代替品として捉えられているようですが、どちらも吸っている方が多いとの報告もしているようです。

 

事実、筆者の周りでも両方吸っている方がほとんどでした。

 

一部の国では規制も・・・

多くの喫煙者がいる、中国でも規制を計画しているそうです。

また、今回の報告よりも以前に規制をしている国もありました。

 

シンガポールやブラジルでは以前から輸入・販売の規制を行っています。

これから成分分析等を行って有害の根拠が明かされることでしょう。

 

電子タバコ業界にしてみれば大打撃となりえる表明でしょう。

 

タイでは電子タバコを吸うと逮捕!?

日本からも旅行で人気のタイですが、電子タバコを所持していると逮捕されるそうです。

刑罰は「最高で10年の懲役、または50万バーツ(約169万円)の罰金」だそうです。

 

もともとタイでは、水タバコなど水蒸気を発生させるタバコの葉などが輸入禁止になっているようです。

 

 

最後に

WHOが表明を出したことで大きな波紋を呼んでいます。

 

今現在は、具体的な数字による根拠が示されていないので、何とも言えませんが、

「間違いなく有害」と強い言葉を使っていることから、WHO側は根拠があると考えられます。

 

もともと、電子タバコは無害ではないことは、知られていますが、公表されていない有害要素があるのかもしれません。

 

以上


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-国際, 社会
-

Copyright© DailyNews24 , 2019 All Rights Reserved.