電車内で女子高生を盗撮するも逮捕されない警察官「妹尾利彦」氏の詳細とは

電車内で女子高生を盗撮した警察官が懲戒処分されています。

盗撮をした男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

電車内で女子高校生を盗撮したとして逮捕された愛知県警の前捜査4課長の妹尾利彦容疑者(59)(愛知県刈谷市)について、県警は28日、停職3か月の懲戒処分とした。妹尾容疑者は同日付で辞職した。
発表などによると、妹尾容疑者は3月28日午後10時50分頃~同11時頃、JR東海道線の金山―南大高駅間(名古屋市)を走行中の電車内で、ボックス席で向かい合わせた女子高校生の太ももをスマートフォンで数回にわたり、数十秒間の動画を盗撮した疑い。「仕事や私生活でストレスがあり、欲求を満たしたかった」などと話している。
また、約1年前から20回ほど、電車内などで女性の太ももなどを動画で撮影していたと説明。押収したスマホやパソコンからは、女性の画像が約90枚見つかっているが、県警は「撮影時の状況などが明らかでなく、立件は困難」としている。

出典:読売新聞オンライン

犯人の詳細について

写真未公開【名前】妹尾利彦

【年齢】59歳

【性別】男性

【職業】警察官

懲戒処分となったのは警察官「妹尾利彦」容疑者です。

妹尾氏は、走行中の電車内で女子高生を盗撮したとして懲戒処分となっています。

1年前から犯行に及んでいたようで、画像は90枚にも及んでいるようです。

「仕事や私生活でストレスがあり、欲求を満たしたかった」と話しているようです。

県警は「撮影時の状況などが明らかでなく、立件は困難」と話しているようです。

事件の起きた場所について

【場所】金山―南大高駅間

事件は「金山―南大高駅間」の電車内で起きたようです。

ネット上の反応

公務員の不祥事でも警察は対処が早い。
事件が拡大する前に「依願退職」という奇妙な退職がある。
他の公務員の場合は依願退職等ほとんど聞かない。起訴されて有罪になるまでは籍がある。その理由は
「警察官にあるまじき事ゆえ速やかに」なら褒められるが、その実幹部警察官にもなれば色々警察に都合の悪い秘密を持っているから退職金を払って早めに事件に蓋をしているのが実情だと思う。中には再就職の世話までしてるケースもある。

県迷惑防止条例で盗撮して逮捕された容疑者のスマホ画像映像で立件は出来るが、容疑者が警察官では「立件困難」の言い分が通用するならそれこそ警察は要らないと言っているようなもの。
身内に甘い警察と言われるのも当然ですよね?
警察官の犯罪を立件したら犯罪検挙率も上向くんだろうね…。

撮影された状況ではなく、撮影という事実で判断すべきだね。
なぜ状況云々で立件困難なのか説明がほしい。
一般の盗撮では撮影したら逮捕じゃないか。

>撮影時の状況などが明らかでなく、立件は困難

えっ何言ってんの。撮影時の状況なんて本人じゃないと分からない事が多いよね。
よく覚えてないとか供述されてそのまま鵜呑みにしてるのか。そこを聞き出すのが
警察の仕事だろうに。身内に甘いと言われても仕方ないよね。
こんな事をしていると市民の信頼を失っていくと言うことにいい加減気付いてくれ。

最後に

犯行時の写真と本人の証言があるにもかかわらず逮捕されないことに驚きを隠せません。

一般人が同じ事件を起こすとほぼ確実に逮捕されるとでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,