祖母を殴り殺害した31歳自称大学生の孫「西川成次」容疑者の詳細とは

祖母を殴り殺害したとして大学生の孫が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

岡山・倉敷市で、90歳の祖母の頭を複数回殴ったなどとして、31歳の孫の男が、傷害の現行犯で逮捕された。 祖母はその後、死亡した。 逮捕されたのは、倉敷市の自称大学生・西川成次容疑者(31)。 20日夕方、祖母の西川かずゑさん(90)の頭を、手のひらで複数回殴るなどしたもの。 かずゑさんは、病院に搬送されたが、まもなく死亡した。 警察の取り調べに対し、西川容疑者は「おばあちゃんを何発か殴ったことに間違いありません」と容疑を認めているという。 警察は、容疑を傷害致死に切り替えて、犯行の動機などについて調べている。

出典:フジテレビ系(FNN)

犯人の詳細について

写真未公開【名前】西川成次

【年齢】31歳

【性別】男性

【職業】大学生

逮捕されたのは、自称大学生の孫「西川成次」容疑者です。

西川容疑者は、90歳の祖母を複数回殴り殺害したとして自称大学生の孫が逮捕されています。

手のひらで複数回頭を殴ったようです。

容疑に対して「おばあちゃんを何発か殴ったことに間違いありません」と認めているようです。

事件の起きた場所について

【住所】岡山県倉敷市

事件は「岡山県倉敷市」で起きたようです。

ネット上の反応

親や祖父母との関係が円満とは限らないけど、可愛がってもらっていたのならとんだ恩知らずだし、相性悪いなら自分が家を出て自立するべき。30過ぎて何やってんだ。

高齢者は認知能力の低下による暴言を吐いたりしている可能性もある。ともかく腹が立っても相手は90歳なんだから31歳の男性が手を上げたらどうなるか考えないと。

容疑者の職業等で「自称」とある場合、担当警察官が
怪しいと思っているからではなく、「本人が言っている所属先に
確認しても裏が取れない」ということ。
また「住所不定」は単にホームレスであるとは限らず
居住地を示す身分証明書を何も持っていない場合が含まれる。

孫に殴られて亡くなるとは悲しい話だよ。
親によって運命が決まる「親ガチャ」何て言葉もあるが、子供や孫がまともに育たない「子供ガチャ」もある。

最後に

家族の関係性は分かりませんが、31歳の男性が暴力をふるえば怪我をするのは分かったと思います。

特に90歳の祖母を殴るとただでは済まないと誰でもわかると思いますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , , ,