入試の答案を持ち帰り隠匿して逮捕された高校教師「濱口達」容疑者の詳細とは

入試の答案を隠匿したとして高校教師が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

目的は何だったのでしょうか?佐賀市にある佐賀学園高校の入学試験の答案用紙を自宅に隠したなどとして、当時講師だった男が24日逮捕されました。 警察などによりますと、佐賀学園高校の国語の元講師・濱口達容疑者(29)は、先月20日に行われた入試のうち、国語の答案用紙36枚を自宅に持ち出して隠匿するなどし、学校の業務を妨害した疑いがもたれています。 濱口容疑者は、同僚男性のUSBメモリ1本を盗んだとして今月2日に逮捕され、警察が自宅を捜索したところ、答案用紙が見つかったということです。 容疑を認めていて、今月8日付で佐賀学園高校から懲戒解雇されています。 学校は4日ホームページで「答案用紙の紛失を公表することなく、他の科目の点数と調査書などから合否判断していた」と発表していました。 今回「警察が押収した答案用紙の写しをもとに採点を試みたが、36人の合否に変更はない」としています。

出典:九州朝日放送

犯人の詳細について

写真未公開【名前】濱口達

【年齢】29歳

【性別】男性

【職業】高校教師

逮捕されたのは、高校教師「濱口達」容疑者です。

濱口容疑者は、高校の入学試験の答案用紙を自宅に持ち帰り、隠匿したとして逮捕されています。

他にも同僚のUSBメモリを盗んだとして逮捕されています。

学校は、答案用紙が紛失したことを公表していなかったようです。

事件の起きた場所について

【住所】〒840-0801 佐賀県佐賀市駅前中央2丁目9−10

事件は「佐賀学園高等学校」で起きたようです。

ネット上の反応

>36人の合否に変更はない

問題はそこではない。
変更しないという判断すること自体は可能だ。
肝心なのは、合格者と不合格者との逆転があったかどうかだ。

その講師の目的もわからないけど、採点を試みたが変更はないというのは嘘だろうね。
採点については終わったことなんだから、改めて採点なんてしない方が良いんだよ。

この講師が悪いことしたのは確かなんだけど、この学校も学校で、答案を紛失したことを公表せずに合格発表した罪は消えないよね

36人のうち、手応えあったのに不合格だった人は納得いかないだろうね。

最後に

学校側が入試の答案用紙紛失を公表していなかったことに驚きを隠せませんね。

何が目的で答案用紙を隠していたんでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,