「白血病のピアニスト」と相手をだまし総額2000万円をだまし取った無職「河野孝典」容疑者の詳細とは

交際相手の相手からお金をだまし取ったとして無償の男が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

自分は「白血病を患ったピアニスト」だと嘘を言い、交際中の女性から治療費名目で 現金をだまし取ったとして、47歳の無職の男が再逮捕されました。  詐欺の疑いで再逮捕されたのは、住所不定・無職の河野孝典容疑者(47)です。  警察によりますと、河野容疑者は去年6月、「白血病を患ったピアニスト」だと身分を偽った上、交際中の女性(29)に「白血病の治療に使用している未承認薬の治療費が払えない」などと話し、治療費の名目で現金26万円をだまし取った疑いがもたれています。  河野容疑者は警察の調べに対して、「私の嘘を信じており、私が白血病の治療のために金が必要だと言えば、いくらでも金を出してくれた」などと話し、容疑を認めているということです。  河野容疑者は同じ女性から、現金35万円をだまし取ったとして1月に逮捕されていました。  河野容疑者は、だまし取った金を、借金の返済や飲食代に使っていたと話していて、被害総額は約2000万円にのぼるとみられています。  また、警察によりますと、河野容疑者は、音楽系のSNSアプリに他人の曲を自分で作曲したかのように見せかけて、自分のアカウントにアップロードし、それを見た第3者に曲の盗作を指摘されると、説明しないまま別のアカウントを作成することを繰り返していたということです。

出典:メ〜テレ(名古屋テレビ)

犯人の詳細について

写真未公開【名前】河野孝典

【年齢】47歳

【性別】男性

【職業】無職

逮捕されたのは、47歳の無職「河野孝典」容疑者です。

河野容疑者は、白血病を患ったピアニストと称して、29歳の交際相手から26万円をだまし取ったとして逮捕されています。

被害総額は約2000万円にも上るようです。

他にもSNSで他人の曲をアップロードし作曲したと偽っていたことも明らかとなっています。

ネット上の反応

世の中には、自分の理解できないような人格、性格の方が思うよりずっと多くいらっしゃいます。
以外に近くにいたりしますし、自分をうまく隠して近づいてきます。
関わったら最後、必ず何かを失います。
時間、お金、信用、評価、心、多岐にわたりますが必ず何かをです。
そういう方は息を吸うように当たりまえに人を養分として育っていきます。
気を付けようがありませんが、気を付けてください。

他にも同じ様な話を聞いた事あるな
冷や汗かいてる奴いるだろ

サムラゴウチ氏を思い出した。

白血病のピアニストは、はたして身分なのか?

そうであれば、弱いくせに強く見せたり、お金がないのに見栄を張ったり、人はそれぞれ身分を偽ってると思う。

これは、身分を偽ったのではなくて「白血病のピアニスト」という設定だと思う。

最後に

前にも同じような大事件があった気がしますね・・・。

すぐにばれそうな嘘なのに案外ばれないものなんですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, ,