給付金300万円をだまし取った23歳のアルバイト「塚田悠太」容疑者の顔が判明か

給付金をだまし取ったとして23歳の男性が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

家賃支援給付金300万円をだまし取った疑いで、23歳の男が山梨県警に逮捕されました。 詐欺の疑いで逮捕されたのは、相模原市のアルバイト塚田悠太容疑者(23)です。 塚田容疑者は去年2月、氏名不詳者らと共謀して飲食店の経営者を装い、インターネット上の家賃支援給付金申請ページで、収入が減少したうえ月172万円の家賃を支払っているなどと虚偽の申請を行い、給付金300万円を不正受給した疑いがもたれています。塚田容疑者は容疑を認めているということです。 山梨県警は去年7月以降、塚田容疑者を含む給付金詐欺グループの11人全員を逮捕・送検していて、被害総額は2900万円にのぼるということです。

出典:UTYテレビ山梨

犯人の詳細について

【名前】塚田悠太

【年齢】23歳

【性別】男性

【職業】アルバイト

逮捕されたのは、アルバイトの男性「塚田悠太」容疑者です。

塚田容疑者は、月172万円の家賃を支払っていると虚偽の申請を行い、給付金300万円を不正受給したとして逮捕されています。

給付金の詐欺はグループで行っていたようで、被害総額は2900万円にのぼるようです。

塚田容疑者は容疑を認めているようです。

事件の起きた場所について

【住所】神奈川県相模原市

事件は「神奈川県相模原市」で起きたようです。

ネット上の反応

いや確かにコイツも悪いけど、Twitterでは給付金バブルへの怒りが満ち満ちてるよ。
どー考えても飲食優遇しすぎで、その分本当に必要な人達への給付が渋くなる。
コロナ禍なのに逆に都市部で飲食店開業が増加してるのは、普通に考えて給付金狙いでしょ。

給付金はやめるべし!飲食店だけ給付するのはオカシイ。飲食だけで経済が回る事は無い。2回もしてわからないのか?1回目で、分っているのだから、飲食だけで不公平です。回すなら国民一律でしてくださいよ!!

家賃支援給付金や持続化給付金や協力金などすべて廃止しましょう!
一部の人達に金をただ単に配ることは税金の無駄遣いをしているだけですよ!
そもそも給付金は生活困窮者に配るものであるはずなんですよ、なぜ商売をやってる人達に配ってんのよ!
商売やっている人達はお金持っている人達もたくさんいるんだよ!
そういう人達にまで一律に給付金や協力金を配るなんておかしいだろう。

最初の持続化給付金はかなりゆるゆるだったので、不正に受け取っている人はかなりいると思う。 挙げられている人は余程酷いやり方(商売自体して無いとか)の奴だけでしょ?

最後に

給付金詐欺は本当に必要としている人に回らなくなる可能性もあります。

同じような事件で捕まっている人がいるにもかかわらず逮捕されていることを考えると、氷山の一角なのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,