特別支援学級の小1男児に頭突き小学校教師「角野文則」が逮捕、顔画像やSNS判明?犯行動機や事件経緯は?

2021-12-24

勤務する小学校で担当する特別支援学級の授業中に小学1年生の男児に頭突きをしケガを負わせたとして、徳島県美馬市美馬町鵜飼口に住む美馬市立三島小学校の教師で特別支援学級を担当する・角野文則(すみの・ふみのり)容疑者(52)が傷害の容疑で逮捕されました。

角野文則容疑者の事件について事件経緯や犯行動機、プロフィールや顔画像、SNSアカウントについてまとめます。

特別支援学級の小1男児に頭突き小学校教師「角野文則」が逮捕

角野文則容疑者について報道メディアでは次のように報道されています。

 特別支援学級の小学1年の男子児童に頭突きをしてけがをさせたとして、徳島県警は23日、美馬市立三島小教諭の角野(すみの)文則容疑者(52)=美馬市美馬町鵜飼口=を傷害容疑で逮捕し、発表した。「けがをさせたことに間違いありません」と容疑を認めているという。  美馬署によると、角野容疑者は20日午前、授業中の教室で男子児童に頭突きをし、おでこにたんこぶができる5日間のけがを負わせた疑いがある。  市教育委員会によると、20日に保護者から市教委に連絡があって判明した。角野容疑者は学校の聞き取りに対し、今月初めごろから複数回にわたって頭突きをしたと明かし、「(男子児童が)学習中の問いかけに答えられない時があった。それが続くと気分がいらっとし、衝動的に頭突きをした」と釈明したという。  男子児童は、校内など特定の場面で声を出して話すのが困難になる症状があるという。  三島小の藤田俊明校長は取材に「なぜ気づけなかったのかと悔やまれてならず、管理の甘さを感じている。児童、保護者、地域の方々の信頼を失う事態になって申し訳ない」と話した。  市教委は子どもたちの心のケアのため、学校へのスクールカウンセラー派遣などを検討している。

引用:朝日新聞デジタル

「角野文則」のプロフィール・顔画像・SNS

角野文則容疑者について現在判明している情報をまとめます。

「角野文則」のプロフィール

プロフィール

名前 :角野文則(すみの・ふみのり)
年齢 :52歳
職業 :小学校教師「美馬市立三島小学校・特別支援学級」
住所 :徳島県美馬市美馬町鵜飼口

「角野文則」の顔画像

角野文則容疑者の顔画像については、現在報道されておらず判明していません。

「角野文則」のFacebookやTwitterなどSNSアカウント

角野文則容疑者のSNSアカウントについては、現在判明していません。

ネットの反応

角野文則容疑者についてネットの反応を紹介します。

たとえ子供好きでも、高い志があっても教師には向かないタイプがいると思う。
障害の有無に関わらず子供なんて、大人の思い通りならないのは当たり前。
ストレスが溜まると感情のコントロールができないような人はそもそも教師になるべきではなかった。

どんな理由があろうが暴力という形で児童に対応してはいけないですし、この件は完全に自身の感情をコントロールできないこの人自身の落ち度です。
いい加減「しつけのために」「教育のために」を冠した暴力は全部ダメという認識が浸透して欲しいです。

問いかけに答えられないからイラついた?一年生なんて通常学級でもまだ幼い年齢、しかも支援学級の生徒なら尚更いろんな配慮が必要だったと思われます。大事な我が子を学校に預けて頭突きされるなんて親からしたら許せない事です。

最後に

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,