自宅に連れ込みキスなどわいせつ行為 市役所員「河村真之介」容疑者の詳細とは

女性にキスをするなど強制わいせつを行った市役所員が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

20代の女性を押し倒し、キスをするなどわいせつな行為をしたとして、仙台市職員の30歳の男が強制わいせつの疑いで逮捕されました。 逮捕されたのは、仙台市宮城野区原町5丁目に住む仙台市職員で、市民税課の主事、河村真之介容疑者(30)です。 警察によりますと、河村容疑者は11月29日夜、自宅アパートで20代女性に抱きついて押し倒すなど暴行を加え、顔にキスをするなどわいせつな行為をした疑いがもたれています。 女性は帰宅途中で河村容疑者に声をかけられ、自宅に連れ込まれていて、「肩を組まれて怖くなり抵抗できなかった」などと話しているということです。 河村容疑者は調べに対し、「嫌がっているようには思わなかった」と容疑を一部否認しているということです。 仙台市は逮捕を受けて会見を開き、「警察の捜査状況を踏まえ、厳正に対処していきたい」としています。

出典:仙台放送

犯人の詳細について

写真未公開【名前】河村真之介

【年齢】30歳

【性別】男性

【職業】市役所員(市民税課)

逮捕されたのは、仙台市の市役所員「河村真之介」容疑者です。

河村容疑者は、帰宅途中の女性に肩を組み、自宅へ連れ込み顔にキスをするなどわいせつな行為をしたとして逮捕されています。

容疑に対して「嫌がっているようには思わなかった」と一部否認しているようです。

一方で被害者側は「肩を組まれて怖くなり抵抗できなかった」と話しているようです。

事件の起きた場所について

【住所】〒983-0841 宮城県仙台市宮城野区原町5丁目

事件は「宮城県仙台市宮城野区原町5丁目」の自宅で行われたようです。

ネット上の反応

酒を飲んで襲われた被害者達を性犯罪者と同じ考えで
批判する輩がまだまだ多いが真面目な少女や
仕事帰りの女性が被害を受けても
同じ様に責める輩も多い。

被害者は何も悪くない。
むやみに他人に触る変質者達がこの世から
消えれば性犯罪は起こらない。

怖い思いをして傷ついたのに勇気を出して
訴えた被害者は勇敢だと思います。

被害者のケアもしっかりとして欲しいです。

被害者は殺されるかもしれないという恐怖もあったでしょう!余罪を追求してくれ!

「抵抗するとさらに危険に遭う可能性があり、怖くて抵抗できない」ことをもっと周知していくべき。
叫べばいいと簡単に言うが、実際、人間は恐怖に直面すると身体がすくんで声も出ないことは多い。

抵抗したら殴られるかも、暴行されるかもと思って動けない人多いと思う。なんでそこまで考えが及ばないのか謎。見知らぬおっさんにわいせつな事されて嬉しい人なんてまずいないと思っていい。ましてや無抵抗=自分が好きにしていいという謎解釈してるならまじで腐った思考を叩き直すために修行にでも出た方がいいと思う。

最後に

路上でいきなり男性から肩を組まれたら誰でも恐怖に感じると思います。

ましてや女性側だと相手を刺激すると何をされるか分からないからこそ動けないこともあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,