路上で女性に抱き着き押し倒した介護職員「松尾崇志」容疑者の顔が判明か

千葉県の路上で女性に抱き着き押し倒しけがをさせたとして逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

千葉・旭市の路上で女性に抱きついて転倒させ、けがをさせた疑いで、介護施設職員の男が逮捕された。 松尾崇志容疑者(35)は2021年8月、旭市内の住宅街の路上で、歩行中の女性(20代)に背後から抱きつき、身体を触るなどして転倒させ、軽傷を負わせた、強制わいせつ致傷の疑いが持たれている。 付近の防犯カメラの解析などから逮捕に至り、松尾容疑者は、調べに対して、「わいせつ行為をしたのは間違いない」と容疑を認めているという。 周辺では同様の被害が複数あり、警察は、余罪があるとみて捜査している。

出典:フジテレビ系(FNN)

犯人の詳細について

【名前】松尾崇志

【年齢】35歳

【性別】男性

【職業】介護職員

逮捕されたのは、介護職の男「松尾崇志」容疑者です。

松尾容疑者は、歩行中の20代女性に抱き着き、身体を触るなどわいせつ行為をして転倒させ怪我をさせたとして逮捕されています。

容疑に対して「わいせつ行為をしたのは間違いない」と認めているようです。

事件の起きた場所について

【住所】千葉県旭市

事件は「千葉県旭市」の路上で起きたようです。

最後に

路上で女性が襲われる事件は毎日のように起きている印象です。

極力一人で歩かないなど対策が必要になる社会になりつつあるのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,