落とし物をしたフリをして女子中学生にわいせつ未遂「小野寺大」容疑者の顔が判明か

千葉県で女子中学生にわいせつな行為をしようとしたとして自称会社員の男が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

千葉市内の公園で女子中学生に対し、「落としものを見ませんでしたか」と声をかけたうえでトイレに連れ込もうとしたとして、自称会社員の男が逮捕されました。  わいせつ目的誘拐未遂の疑いで逮捕されたのは、千葉市に住む自称会社員・小野寺大容疑者(30)です。  小野寺容疑者は今年6月、千葉市内の公園の遊歩道にクレジットカードのようなものを複数枚ばらまいたうえで、通りかかった女子中学生に対し、「落とし物を見ませんでしたか」「身体検査させてよ」などと声をかけ、公園内のトイレに連れ込もうとした疑いがもたれています。女子中学生は公園内の事務所に逃げ込み、無事でした。  警察によりますと、防犯カメラの解析によって小野寺容疑者の関与が浮上したということで、取り調べに対し、小野寺容疑者は「やりました」と容疑を認めているということです。

出典:TBS系(JNN)

犯人の詳細について

【名前】小野寺大

【年齢】30歳

【性別】男性

【職業】自称会社員

逮捕されたのは、千葉県の自称会社員「小野寺大」容疑者です。

小野寺容疑者は、女子中学生に「落としものを見ませんでしたか」と声をかけ、トイレに連れ込もうとしたとして逮捕されています。

女子中学生は公園の事務所に逃げ込み被害はなかったようです。

容疑に対して「やりました」と認めているようです。

事件の起きた場所について

【住所】千葉県千葉市

事件は「千葉県千葉市」の公園で起きたようです。

ネット上の反応

わいせつ目的誘拐、1年以上10年以下の懲役
未遂も処罰される。

これでうまくいくと思ったことが驚き。
結構重い罪ですね。
余罪がさらにあるなどすれば、実刑あり得る刑。

この容疑者は、「良心」「道徳心」「倫理感」など、
たくさんの物を落とし続けて、大人になってしまったのですね。

刑務所に行き反省すれば、落とした物を拾いなおせるかも知れません。

子供の純粋な気持ちを踏みにじる行為は刑を重くしてくれ。

人を信じる子ややさしい子を狙った卑劣極まりない事件。本当に胸糞悪い。こういう犯人を見ると顔に入れ墨やGPS埋め込みでもいい気がしてくる。それほど危険。

最後に

中学生の良心に付け込んだ卑劣な犯罪だと思いますね。

大人が子供に対して犯罪をしようと考えるのも信じられないですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,