民家にぶら下がり通報され、生徒の盗撮が発覚し小学校教諭が逮捕 教師の詳細とは

愛知県で小学校の教諭が生徒の下着を盗撮したとして逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

愛知県教育委員会は14日、知多地区の公立小学校に勤務する男性教諭(31)を同日付で懲戒免職にしたと発表した。
県教委によると、男性教諭は2020年8月と10月、理科の授業の様子を写真や動画で撮影した際、担任する複数の女子児童の下着などを盗撮したという。
盗撮行為の処分は停職6か月程度だが、今回は、授業中に児童の信頼を悪用して盗撮したことから、県教委は「より悪質」と判断した。
教諭は今年5月、深夜に自宅近くの民家の壁にぶら下がるなどしていたところを同県警半田署員に職務質問され、その際にスマートフォンから児童の画像が見つかり、任意で事情を聞かれていた。
教諭は同月中に校長に事情聴取を受けたことを報告。その後、盗撮も認めた。県教委の調査に、「日頃の活動の様子を撮影するうちに見えていない部分が見たくなり、下着などを撮影した」と話しているという。

出典:読売新聞オンライン

犯人の詳細について

写真未公開【名前】不明

【年齢】31歳

【性別】男性

【職業】小学校教諭

逮捕されたのは、愛知県の小学校に勤める教諭が逮捕されています。

逮捕された教諭は、民家にぶら下がって遊んでいたところを通報され、職務質問の際に生徒の盗撮写真や動画が発覚し逮捕されています。

容疑に対して「日頃の活動の様子を撮影するうちに見えていない部分が見たくなり、下着などを撮影した」と認めているようです。

事件の起きた場所について

【住所】愛知県知多市

事件は「愛知県知多市」で起きたようです。

ネット上の反応

懲戒免職にもなったのに何故公務員は名前を公表しないのか?
だから犯罪は減らない。
一般市民と同様、顔や名前を公表すべきである。一般市民は顔や名前が直ぐ公表されるのに対して公務員の公表無しは問題視だな!

言い訳もなかなか突き抜けていると思うが、ほかにも深夜に自宅近くの民家の壁にぶら下がるなどしていたところを警察署員に職務質問されるとか、ちょっとついていけない。

これが今の教員採用試験の現実を写しだしています。小学校に関しては競争率も2倍をきっており誰でも採用される状況です。能力や適正なんて実際問われません。2回受けたら通ります。だから誇りもなければ職に対する拘りもないので別に止めさせられ止めさせられてもいいので、ある意味のびのびとこういうことができます。

「深夜に自宅近くの民家の壁にぶら下がる」
絵に描いたような変態だ。怪しむなと言うほうが難しい。

小学校の教職員ということは、近所に生徒の家族も住んでいるだろうに。
恋は盲目というが、変態も盲目なのか。

最後に

この記事を見たときいろいろなことが起こりすぎて困惑しましたね。

民家にぶら下がって遊ぶというあまりに異様な光景を想像すると、通報されないことのほうが不思議だと思います。

それにしても教師が盗撮する事件はなくなりませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,