給食費を横領し足りない分を値上げ要求した「林雅弘」容疑者の詳細とは

学校給食費を横領したとして、給食センターの所長が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

給食費の値上げは妥当だったか。大阪府四條畷市の学校給食センター元所長が今年7月、小中学生の保護者から預かる学校給食会計の口座から計約1450万円を横領した罪などで大阪地裁に起訴された。元所長の在任中、市の学校給食の会計は3年連続で赤字に陥り、「食材費の高騰」を理由に元所長自身が給食費の値上げを市教委に提案していたことが新たに判明した。市関係者からは「給食費の値上げで赤字を埋め、横領を続けたのなら刑事事件以上に罪は重い」との声が上がっている。 ■学校給食41年 業務上横領罪などで起訴されたのは、林雅弘被告(65)。昭和54年に給食調理員として採用され、学校給食に41年間たずさわった「たたき上げ」。平成26年から再任用期間を含めた6年間、学校給食センター所長を務め昨年3月に退任した。 後任の所長らが、センターが事務を担う「学校給食会」の会計に不審な点があるのに気づき、今年1月、大阪府警に告発。林被告、給食会計の口座から、令和元年7月から11月までの間、3回にわたって計約330万円を横領した容疑で今年5月に逮捕され、余罪を合わせ7月に起訴された。 起訴状などによると、食材の納品業者を装った自分の口座に学校給食会から振り込み手続きを行う手口で、平成27年1月以降、10回で計約1450万円を横領したとされる。 また、平成31年3月に行われた給食配送業務の入札をめぐり、業者から紳士靴やスーツなど計約22万円相当を受け取った加重収賄罪などでも起訴された。 市関係者の一人は「いま思えば派手な腕時計など公務員らしくない部分はあった。所長になった初年度から給食費に手をつけていたとは」と話す。 ■値上げしても赤字 市によると、市の学校給食会の会計は年間2億3千万円前後の支出・収入がある。林被告が所長となった26年4月に給食費を値上げしたにもかかわらず、給食会の会計は28年度に約55万円、29年度に約100万円、30年度に約310万円の赤字が続いた。 このため、31年4月から給食費は月額200円値上げされ、小学校は4400円、中学校は4800円に。中学校は府内平均レベルだが、小学校は約400円高い。 この給食費の値上げを市教委や学校給食会の理事会に提案したのが林被告だ。31年1月の市教委定例会の議事録によると「台風や地震で食料品価格が上昇している」と値上げ理由を説明し、理解を求めていた。 市への取材によると、値上げにより給食会計は年間約1100万円の増収となった。だが、林被告はその後も横領を重ね、給食費の値上げで会計の赤字を埋め、さらに横領を続けた可能性がある。 市の関係者は「会計を1人に任せたのは市と市教委の責任。1450万円もの横領が明らかになった以上、給食費の値上げが妥当だったのか、保護者や教員に説明する必要がある」と指摘する。市教委の担当者は「食材価格が上昇していたのは事実だと思うが、それ以上は何も言えない」と言葉を濁す。 東修一市長と植田篤司教育長は林被告の逮捕後、記者会見し「教育行政と市政への信頼を損なうことになり申し訳ない」と陳謝した。6月議会で自らの減給処分を行ったが、さらなる説明が求められるだろう。 ■巧妙な手口 学校給食の仕組みと会計の隅々を知る林被告の手口は巧妙だった。 市の学校給食費は長年の慣習で、保護者から小中9校の各校長名義の口座に入り、任意団体である学校給食会の口座へと振り込まれる。林被告は学校給食会の会長(教育長)印を保管する金庫の鍵を持ち、納品業者への支払い決裁や伝票処理を1人で行っていた。 金融機関に出す振込依頼書に、自分の口座を紛れ込ませて記載。支払い手続きが完了した後は、自分の口座のない予備の振込受付書をファイルにとじて犯行を隠蔽(いんぺい)していた。市の会計や部下らの目にふれず、監査も形式的になりがちな「私会計」の隙を突いた。 学校では修学旅行代金の積み立て、PTA会費、教材費などの取り扱いがある。給食費は教員が親に対面して納付率を高めてきた経緯から、私会計で扱われるケースが多い。 文部科学省は学校給食の公会計化を各自治体に促しているが、令和元年12月の調査では、給食費を徴収する全国1686団体のうち約74%が私会計のまま。 四條畷市では今回の事件を機に全庁で私会計の見直しを進め、給食会計は来年度から市の会計に組み入れる方針だ。林被告が横領した全額の返還も求める。 ただ、林被告に靴やスーツを贈った業者については、市の規定で刑事事件の処分が契約解除の要件になく、「2学期以降も給食の配送業務を委託することなる」(東市長)といった問題も残っており、事態の正常化には時間がかかりそうだ。(守田順一)

出典:産経新聞

犯人の詳細について

写真未公開【名前】林雅弘

【年齢】65歳

【性別】男性

【職業】給食センター所長

逮捕されたのは、学校給食センター所長の男「林雅弘」容疑者です。

林容疑者は、学校給食費約1450万円を横領し、足りなくなった分を値上げ要求したとして逮捕されています。

振込依頼書に自分の口座を紛れ込ませ、手続き完了後に自分の口座が記載されていない振込受付書をファイルにとじて隠ぺいをしていたようです。

事件の起きた場所について

【住所】大阪府四条畷市

事件は「大阪府四条畷市」の給食センターで起きたようです。

ネット上の反応

私会計って何?
公的機関の会計って民間と違う特殊なフリして本当にいい加減だよね。
監査無意味だし。

横領し続けるために値上げを要求する。本末転倒というか逆立ちした考えです。はなしにならん。

で、最後は税金で補填。 調べたら全国で似たような事例は腐るほどありそうだな。

所長自ら横領し会計が赤字になるなんて、こんな阿呆がまだいたか。

最後に

給食費を横領して徴収する金額を上げるように要求するという信じられないような事件ですね。

役所の会計とは別のいわゆる「私会計」という方法をとっている学校が多いようなので、見直しされると同じ事をやっているところもありそうですね。

横領された給食費は、はたして返還されることになるのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,