老人ホームで女性を殺害した介護士「丹沢一貴」容疑者の顔が判明か

介護士が入所者の女性を殺害した事件が発生しています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

山梨県南アルプス市の有料老人ホームで入所する女性が殺害された事件で、逮捕された男が「一人での夜勤がつらい」などと周囲にこぼしていたことが分かった。  殺人の疑いで逮捕されたのは山梨県市川三郷町の介護士丹沢一貴容疑者(42)。丹沢容疑者は今月5日夕方から6日未明までの間に勤務先の有料老人ホームで、入所する無職樋口慶子さん(80)を殺害した疑い。樋口さんの死因は頸部圧迫による窒息だった。樋口さんは要介護度が高く意思の疎通が難しい状態だった。  捜査関係者によると丹沢容疑者は「排泄介助の際に言うことを聞いてもらえずかっとなりトイレで首を絞めた。日頃からストレスがたまっていた」などと供述しているという。  丹沢容疑者は事件前、「一人での夜勤がつらい」などと周囲にこぼしていて、殺意についてはあいまいな供述をしているといい県警は突発的な犯行とみて捜査している。

出典:YBS山梨放送

犯人の詳細について

【名前】丹沢一貴

【年齢】42歳

【性別】男性

【職業】介護士

逮捕されたのは、介護士の男「丹沢一貴」容疑者です。

丹沢容疑者は、勤めていた老人ホームに入所している女性を窒息死させたとして逮捕されています。

容疑に対して「排泄介助の際に言うことを聞いてもらえずかっとなりトイレで首を絞めた。日頃からストレスがたまっていた」と話しているようです。

事件の起きた場所について

【住所】山梨県南アルプス市

事件は「山梨県南アルプス市」の有料老人ホームで起きたようです。

ネット上の反応

資格のない方をヘルパーさんと呼んで、一人で夜勤させてる施設ってあります。
少人数(8人くらい)だからと言って、一人だと体力も辛いし何かあったときに相談も出来ない。夜だと遠慮して、施設長に電話とかも出来ませんし。
ちゃんと法律で決めてもらわないと、夜勤は人件費高いからって言われて、一人での体制は変わりませんよね。

勤務先の施設でも、「これ、虐待だよね」というシチュエーションは日常茶飯事です。上の方々は見て見ぬふり…。介護さんたちは本当に過酷な状況で仕事をしています。この容疑者が以前勤務していた施設での様子も、今回の施設での状況も聞いていますが…。前兆は確かにありました。1人で勤務させておくのは本当に避けるべきでした。本人の罪ではありますが、周りにも原因はあったのではないかと思います。明らかに、介護に向かない人はいます。それをしっかり判断できる人が居ない事が1番の問題なのです。

1人で20人のお年寄りを相手に夜勤していた時はさすがに体調崩した。
給料も安いしやってられなかった。
お年寄りからの暴言やセクハラ、殴られたりは日常茶飯事。
にこやかに対応してた自分を誉めたい。
もう2度と介護の仕事はしない。

介護の世界は希望がありません。
シフトもバラバラ、仕事はツライ、給料も安い、誰が好き好んで他人の排泄物の処理をしますか!?
10年、15年後に要介護者が膨大に増えるそうですが、それを担う人材ははっきり言っていません!

殺人まで追い込まれるような介護保険の制度が間違ってると思います。
一人夜勤なんてありえません。事故を起こしてくださいと言っているようなもの。二人夜勤もだめ!男女の組み合わせになったときなにがおこるかわかりません(笑)

話はそれましたが、介護職員の殺人は過去にも何度か起こっているはずです。
いい加減に国がなんとかするべきだと思います。

最後に

介護士の人が入所者を殺害する事件はたびたび起きていますね。

親族の人が殺害する事件なども発生していることを考えると、相当疲れる仕事なのだと思います。

1名で対応するには荷が重い仕事だったのかもしれないですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,