勉強会称し女性教師にセクハラ 懲戒処分の小学校校長「尾花久」の勤務先が判明

女性教師にセクハラをしたとして、小学校校長の男が逮捕されています。

逮捕された男の詳細について調べていきます。

以下、報道の内容

同じ小学校に勤務する女性教職員を「勉強会」と称して時間外に呼び出し、パワハラ行為を行っていたとして栃木県教育委員会は3日、足利市の小学校の男性校長を停職6ヵ月の処分にしました。 この校長は3日付けで依願退職しています。 停職6カ月の処分を受けたのは足利市立矢場川小学校の尾花久校長(58)です。 尾花校長は去年6月頃から今年3月にかけて同じ小学校に勤務する女性教職員に対し、毎週のように時間外に校外に呼び出し「勉強会」と称したパワハラ行為を行ったほか、無料通信アプリLINE」を使って「返信が遅い」など高圧的な内容を含むメッセージを頻繁に送信していました。 女性教職員は拒否する姿勢を示していたものの「校長が言ってるんだからやって下さい」などと指示され、コンビニエンスストアの駐車場の車の中や喫茶店などに呼び出されて長い時で2時間程度、付き合わされていました。 女性教職員が今年4月、教頭に相談して問題が発覚し尾花校長は調査に対し「教職員の資質向上のためだった。一緒にいて心地よかった」などと話しているということです。 県教育委員会によりますと尾花校長はその他、10年以上前から少なくとも5人の女性の元同僚にパワハラと取れる言動や体を触る、抱きつくなどのセクハラ行為を行っていて、荒川政利教育長は「管理職の立場にいるものがこのような事故を起こしたことは言語道断の許されない行為。校長会等と連携して不祥事の撲滅と信頼の回復に努めて参る」とコメントを出しました。

出典:とちぎテレビ

犯人の詳細について

写真未公開【名前】尾花久

【年齢】58歳

【性別】男性

【職業】小学校校長

懲戒処分となったのは栃木県の小学校で校長を務める男です。

男は、女性教師を勉強会と称し手呼び出し、セクハラ行為をしたとして懲戒処分されています。

LINEを使って業務に関係ない内容のメッセージを送っていたことも判明しています。

容疑に対して「(教職員の)資質向上のためだった。一緒にいると心地よかった」と話しているようです。

校長の勤めていた小学校とは

【学校名】足利市立矢場川小学校

【住所】〒326-0835 栃木県足利市里矢場町1998

事件は「足利市立矢場川小学校」で起きていたようです。

ネット上の反応

コンプライアンス、パワハラ委員会など校内組織のトップに校長がいる場合、コンプライアンスが効かなくなるのが学校組織です。必ずさしも人格者が校長になるわけでもありません。

この場合も教頭に相談。

今回は足利でしたが、県北部は移動と出世を左右する校長・教頭によるパワハラ・イジメが多い。教員数が少ない学校ほど酷い。

離職も増えて児童に悪影響が行ってる現状。
是非とも実名公表と懲戒免職などの厳罰化をして欲しい。

こんなの現場では普通にある。
行政からの指導もお願いします。
校長からでなく、ベテラン教師が若手に対してパワハラをしているケースもたくさんあります。

被害にあった女の人全員が被害届を出すのはムリななのかな?
高額な賠償金を請求すればいいと思うが。気合の入った弁護士に
依頼する報酬は教育委員会が出すか、地域で出してあげるか。
退職金ゲット&逃げ切りを考えていると思う。
教育委員会は教師のいじめ問題や自殺などが起きても
「どーもすみませーん!」で終わってる。いつも。
被害女性はムチャクチャくやしいと思う。

最後に

校長という立場を利用して逆らえない状況を作り出しているあたり、悪質ですね。

資質向上といっていますが、勉強会で抱き着くことが果たして意味があるのか理解しかねますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

-社会
-, , ,